どうも、ピン今川(@PImagawa)です

今日は生き物の飼い方について思ったことを書きたいと思います。

生き物を飼うということ

昨日、飼っていたハムスターが天国に行きました。

ちょうど1歳です。

2018年6月1日生まれのゴールデンハムスターです。



一般的にゴールデンハムスターの寿命は、2年から3年と言われています。

この間、1歳のお誕生会を家族全員でしました♪

それから10日程ですが、最期は、眠るように天国へ旅立ちました。

あまりにも突然の出来事なので、家族全員まだ受け止めるのに時間がかかりますが、思ったことを書いていきます。

ハムスターを飼った

娘が小学校低学年の頃から飼いたいと言っていたハムスター。でも、ウチにはトイプードルもいるし、低学年の子どもが自分で世話できひんやろ~と思って、ずっと保留にしていました。

2018年の7月、部屋の片づけをしてスペースが空いたので、「そろそろハムスター飼ってやっていいか?」と嫁さんに言うと、「いいよ。」と返事が!

娘も高学年になっており、世話ができると判断したのか、許可が出たので娘にそれを伝えると大喜び♪

小屋を飼って、ハムスターを選びにペットショップに行きました。

最初はジャンガリアンハムスターを選ぶのかな~と思っていたら、なんと、この子がいいと選んだのが、昔ながらのゴールデンハムスター!

僕「お前、ほんまにこいつでええんか?」
娘「この子が一番かわいい♪」

ほう、わざわざゴールデンハムスターを選ぶところが渋い。そして、大きいので、ジャンガリアンより体力があって長生きしそう~♪

小屋はロフト的なものが付いている小屋で、1階にもハムスターの木の家を用意したのですが、なぜかロフトで生活するようになったハムスター。



結局、★になるまでロフトがお気に入りでした。

ハムスターのお世話

娘は、ハムスターを飼ってから、毎朝早起きをし、ハムスターのエサ入れに専用のエサを5~6粒入れ、毎日、お水に栄養剤を2滴入れてかわいがっていました。

週に1回は掃除をし、ワラを替えたり、汚れた部分を拭いたり、最初は僕をするのを見よう見まねでやっていたのですが、いつの間にか自分でできるようになっていました。

高学年になったら、結構自分でお世話できるんやね~と、我が娘ながら、感心していました。

毎日お世話をし、本当に可愛がっていました。

僕ら夫婦も、ハムスターがアピールするのが可愛くて、野菜を切ってあげたり、おねだり上手だったので、つい色々あげていました。



娘は絵が上手くないのですが、ハムスターの絵をよく書いて笑わせてくれていました。

ハムスターにプレゼントするのですが、当然、紙をかみちぎっていました♪

ハムスターの変調

夏→秋→冬→春と季節が移り変わり、2週間ほど前までいつもと変わらない生活を送っていたハムスター。

6月に入り、室温が高くなってきたので、そろそろクーラー入れなあかんな~と思って、クーラーのフィルター掃除をして夏の準備万端!

トイプードルもいるので、毎年夏はクーラー付けっぱなしが多いです。

でも、クーラーをつける前に★になってしまいました…。

ハムスターが死んだ原因を色々考えたんですが、急激な気候変化に弱い動物なので、気候変化には気を付けていたつもりです。

でも、6月に入ってから、あんなに大好きだったご飯をよく残すようになりました。

普通のエサを残すのはともかく、ヒマワリの種や、粟玉や野菜まで残すようになって、おかしいな~と思っていました。

エサ残してるのがハムスターからのサインだったのかも知れません。



1週間前は、丸々と転がってたのに。

あと、トイレもきっちり1階に降りて、所定場所でしていたのに、なぜかロフトでするようになり、これまたおかしいな~と思っていました。

それが、ここ3日ぐらいの話で、本当におかしいと思ったのは昨日の話。

いつもは大きな声で名前を呼ぶと反応してくれるハムスター。しかし、全く動かなくなっていて、慌てて小屋から出すと、動きが極端に鈍い!

僕はハムスターを飼ったことがあり、仕事柄、他の生き物の生死も直感でわかるのですが、ハムスターを抱っこした時、「うわ!なんでこんな急に悪くなってんねん!!」と思いました。

娘も抱っこしたのですが、涙が止まらないようで、ずっと泣いていました。

でも、一縷の望みを賭けて、ハムスターも見てくれる動物病院に連れていきました。

ハムスターは、餌を食べなくなったり、普通より動きが鈍くなった時がサインだそうで、ダメかも知れんけどと、獣医さんは注射を打ってくれて、「頑張ってくれればいいんですが、保証はできません。」とのこと。そりゃそうだ。

でも、最期、何も処置しないで、見殺しというか、放っておくわけにはいかない、いや、できなかったので、病院に連れていきました。

放っておいても結果は変わらなかったかも知れませんでしたが、病院に連れていかずにはいられませんでした…。

死を見つめる

車の行き帰り、娘の両手に包まれるように抱っこされて、娘は泣いていました。

結局、処置はしたのですが、家族が見守る中、息を引き取りました。

家の裏庭に穴を掘り、エサとワラを入れて、娘にハムスターをそこに置いてもらい、そこにお墓を作りました。

結局、僕がハムスターの様子がおかしいことに気づいてやれなかったこと、いや、気づいていたけど、「暑くなってきたから、食欲落ちてんやろな~。」ぐらいで考えていた認識の甘さが、ハムスターの死を招いてしまったんだと思います。

何が情けないって、娘に、とても悲しい思いをさせてしまったこと、特に、ハムスターを寿命まで生かしてあげられなかった飼育の未熟さ・認識のなさが、ハムスターにも申し訳なく、本当に力不足です。

ハムスターが旅立つ時、6月1日のお誕生日に作った娘の手製の帽子を被せました。



まだ10日しか経っていないのに、そんな急に逝ってしまうなんて…。

小さな命と「心」

僕も昔、ハムスターを飼っていて、そのハムスターが死んだ時、何も感じず、母親だけが泣いていました。

僕は笑いながら「お母さん、何で泣いてるん??」と母に尋ねました。

僕は心が全く育ってなかったんですね★

娘は、終始、涙を流しながらも、ちゃんとハムスターを埋葬してあげていました。

僕にはなかった、「心」が育ってくれていてよかった、と、ハムスターの死を経て改めて知った次第です。

あと、生き物を飼うということは、結局、「責任を持つ・責任を取る」ということなんですね。

最初は、普通にペットショップで飼うのですが、途中で飼えなくなったり、棄ててしまう飼い主さんもいるようです。

でも、生き物を飼った以上は、死ぬまで責任を持って育てるのが、飼い主の務めだと思っています。

娘もこのゴールデンハムスターがいいと自分で選び、最初はよく手を噛まれていましたが、ハムスターも娘も成長し、お互い良く遊ぶようになり、ハムスターは娘を信頼し、娘は癒しをもらう。そんな関係になっていた気がします。

なので、生き物を飼うということは、最期を看取る覚悟があるかどうか、その点が非常に重要であると感じています。

最後に

娘は、この経験を通して、自分の中で何か得たものがあると思います。

「こんな悲しい思いをするなら、生き物なんて二度と飼わない!」

かも知れません。

「今までありがとう。次飼う生き物は、あなたより長生きさせてみせるね!」

かも知れません。

いずれにしても、そこには、生き物の生と死を持って得られた「何か」があると、僕は思います。



娘とハムスターのお誕生会。

帽子は全然イヤじゃなかったみたい。むしろ好きでしたね♪

ちなみに、僕も嫁さんも、ハムスターの思い出を語りながら、大泣きしてしまいました。

まさか、ハムスターで泣くとは思いませんでしたが、やはり、小さな命でも、僕らを癒してくれていたんだなと痛感した1日でした。

ハムスターのグリちゃん!我が家に来てくれてありがとう!!
どうか安らかに。

どうも、ピン今川(@PImagawa)です

皆さん、明けましておめでとうございます♪

新しい時代が来ましたよ~♪

令和です!令和元年!!

令和元年

ゴールデンウイーク入る前の最後の出勤が終わって帰る時、「よいお年を~♪」と言って退勤し、改元して最初の出勤の時は「明けましておめでとうございます♪」と出勤しました!

お正月以外で使うのはオカシイですが、こんなにおめでたい改元は記憶にありません!

いや、元号変わるのも、昭和→平成しか知らないんですが、平成に変わる時は、ご崩御の後で、お祝いムードではなかったのですが、令和は本当に、明るい時代の幕開けみたいな感じで、みなさん歓迎されているようで、ヨカッタヨカッタ♪

さて、こんな夏みたいな気候になって、令和が始まりましたって挨拶も、なかなかピントがずれているんですが、始めていきますよ~♪

令和最初のほけんだよりです!



クリックすると大きくなります

時候の挨拶

だんだんと心地よい季節になってきました。子ども達も徐々に新しい生活に慣れ、園庭で楽しそうに遊んでいる姿を見ることができます。

これからの季節、暑い日も徐々に多くなります。衣服の調節をこまめにしたり、汗をかいたら着替えるなどして元気に過ごしましょう。

[box class="red_box" title="ここでのポイント"]気候が変わって体調を崩しやすい季節なので、元気に過ごせるようなポイントを書いています。
で、今月の保健行事が間に挟まります。
5月は本当に保健行事が多いです。[/box]

各種検診について

☆内科健診について

5月8日(水)に問診票をお渡しします。気になることや相談したいことがあればご記入の上、5月14日(火)までに提出をお願いします。また、過去に受けられた予防接種についてもご記入をお願いします。

☆尿検査について

腎臓(尿を作るところ)やぼうこう(尿を溜めるところ)、尿道(尿の通り道)等の異常がないかを調べます。こういった病気は自覚症状がないことが多いので検査をしてわかることもあります。

容器は5月14日(火)に配布します。必ず5月16日(木)の朝1番の尿を取って提出してください。

☆耳鼻科検診について

5月30日(木)に耳鼻科検診があります。検診日までにご家庭で耳掃除をお願いします。気になることがあれば、前もってご連絡ください。

[box class="red_box" title="ここでのポイント"]なんと言っても、5月は検診が多いです。内科健診・尿検査・耳鼻科検診について、各々の検診を受けるときのポイントを書いています。あと歯科検診もあります。
もう、保育所看護師冥利に尽きるぐらい、色々こなすのが5月の最大のポイントです!

ちなみに、僕の場合、検診と言えば、車でのドクターの送迎・検診時の記録・ドクターのサポート・保育士への指示出し・子どもを保定するなど、病院に勤めてたあの頃を思い出すぐらい、仕事をします!途中で気絶しそうになりますが、子どものためにがんばるのです♪

あと、検診が終わったあと、異常が認められる子にはお手紙を書いたり、記録簿に記録したり、文書の仕事も山ほどあります☆[/box]

MRワクチン接種について(5歳児クラスの保護者の皆様へ)

2006年4月以降、定期の予防接種としてMRワクチン(麻疹・風疹混合生ワクチン)の接種が開始となり、第1期を1歳~2歳の間にかけて受けられたと思いますが、第2期の接種時期は5~7歳未満で小学校就学前の1年間のお子さんが対象、つまり現在の5歳児クラスのお子さんが対象になっています。この接種期間を過ぎてしまいますと定期の予防接種としてではなく、任意の予防接種として受けていただくことになってしまいます。

小学校入学前に接種が済んでいるかどうかご確認をお願いします。

[box class="red_box" title="ここでのポイント"保健センターから通達があり、MRワクンの5歳児クラス(年長さん)の接種率が、1歳時よりもだいぶ下がるということで、接種率を上げるために載せています。
どうしても、年長ぐらいになると、予防接種もうっかり忘れがちになるので親御さんへの注意喚起も含めの掲載です。[/box]

今月のまとめ

とにかく、検診に尽きる1カ月間ですね~。僕的には1年で一番忙しいのが5月だと思っています。

特に、今年はゴールデンウイークが世間的にはとても長かったので、仕事がまとまってズドンと来た1カ月でした。

まぁ、毎年4・5・6月がピークで、あとのシーズンは自分の仕事を自分なりにこなすことが多いです。って、他の月も何やかやでお仕事多いんですけど、子ども達がかわいいのでいいんです♪

それでは近日中に令和元年6月ほけんだよりでお会いしましょう♪

では。

 

どうも、ピン今川(@PImagawa)です

いやいや、3月ですね~。
保育所で3月は、締めの月、そして、最終日は、大晦日が如く忙しいです!
僕も毎日書類に追われてます。
そしていつの間にか4月。どうなってるんでしょうね~??

さて、そんな中、4月号のほけんだよりが完成しました~♪



クリックで大きくなります♪

ご入園・ご進級おめでとうございます


新しく入園した子、進級した子、みんな元気に仲良く保育所での生活を始めましょう。
新しい環境で疲れたり、初めて集団生活を経験する乳幼児は、熱を出したり、病気にかかりやすくなります。
毎朝、お子さんの様子を見たり、体に触れたり、体温を測ったりして元気であることを確かめてください。
保護者の方が気になることがあれば、必ず職員にお伝えください。お子さんが元気で楽しく生活できるよう保育所と家庭で協力していきましょう

[box class="red_box" title="ここでのポイント"]4月、保育所では「年始」に当たります。
進級されるお子さんもいれば、本当に集団生活初めてですっていうお子さんもいます。
なので、保育所と保護者、力を合わせてがんばっていきましょう!ってことを書いています。[/box]

年間保健行事予定


身体計測 毎月(全園児)

定期健康診断 5月・10月(全園児)

歯科検診 5月(1歳児クラス以上)

耳鼻科検診  5月(2歳児クラス以上)

視力検査 10月(3歳児クラス以上)

聴力検査  12月(3歳児クラス以上)

尿検査  5月・9月(全園児)

歯磨き指導  6月

[box class="red_box" title="ここでのポイント"]まぁ、見ての通り、何月にどんな保健の行事があるかを書いています。
毎年変わらないんですが、だいたい、5月と10月に保健の行事が来ることが多いです。
で、保育所の嘱託医(園医)の紹介をしています。[/box]

生活習慣を整えて元気に過ごそう


早寝早起き

夜は8時~9時には寝て、朝は7時には起きましょう。寝ている間に成長ホルモンなどの分泌が多くなり、日中の体の疲労を回復してくれます。

朝ごはんを食べる

朝食は1日の活動を支えます。起きてすぐには食べられないので、早起きして、ゆとりを持ってしっかりと食べましょう。

毎朝排便する

朝食を食べると、胃腸の動きが活発になり、ウンチが出やすくなります。ウンチをせずに登園するとお腹が痛くなったり、気分が悪くなったり、元気に遊べなくなります。

[box class="red_box" title="ここでのポイント"]早寝早起き・朝ごはんを食べる・毎日排便をする、こういう基本的なところから、生活習慣を整えていくと、日々の子育ても楽になるし、保育所でも安定した生活を送ることができる基本となってきます。
まぁ、早起きは保育所にいくので半強制的にできるのですが、早寝が、どうしてもできないご家庭が多いですね~。
って、僕の家も、早く寝かさなあかん~と思いながら、毎日ちょっぴり遅いので、偉そうなことは言えないのです。
朝ごはんも、抜いてくる子が多かったり、排便も、リズムが狂えばすぐ便秘になったりします。
なので、色々整っていけばいいかな~と思う今日この頃です。[/box]

このような場合はご連絡します。



  • 発熱・下痢や嘔吐がひどいとき

  • 伝染性の病気が疑われるとき

  • けがをして受診するとき

  • お子さんの様子がいつもと違うとき

  • その他確認が必要なとき


◇連絡先がいつもと違う日は必ずお知らせください。

[box class="red_box" title="ここでのポイント"]要するに、「何か変わったことがあったら連絡するよ♪」ってことを書いています。
結構、4月に新規入園した途端に、熱を出したり、病気したりってのはよくあります。
あと、会議で遅くなる日とか、どうしても帰れない日に限って、保育所から電話がかかってきます。
僕は、看護師として電話をかける側ですが、親として保育所から電話がかかってくる立場でもあります。
なので、親御さんの立場がわかる保育所看護師として、結構融通をきかせて看護します。
が、保育園によっては、「お母さん!すぐに、すぐに迎えに来てください!!!」みたいな強烈な園もあります。
そこは、もうちょっと、こう、融通きかんかね~みたいなところはありますね。
[/box]

今月のまとめ


書いてて思うことは、全体的にバタバタするから、落ち着いて保育しようね♪ってとこですね。
落ち着いて保育してても、結構、熱出したり、熱出したり、熱出したり…。
初めての集団保育で子どもも落ち着かんし、保育士も落ち着かんし、ウイルスに慣れてないものですから、すぐ熱出すし。

僕も、この時期は、保育所看護師業務が繁盛します。ほんとに繁盛していらんけど。

皆さんも新生活が始まると思いますができるだけ「地に足をつけて」頑張っていきましょう♪

では。

↑このページのトップヘ