2018年02月

This is an example page. It's different from a blog post because it will stay in one place and will show up in your site navigation (in most themes). Most people start with an About page that introduces them to potential site visitors. It might say something like this:

Hi there! I'm a bike messenger by day, aspiring actor by night, and this is my website. I live in Los Angeles, have a great dog named Jack, and I like piña coladas. (And gettin' caught in the rain.)


...or something like this:

The XYZ Doohickey Company was founded in 1971, and has been providing quality doohickeys to the public ever since. Located in Gotham City, XYZ employs over 2,000 people and does all kinds of awesome things for the Gotham community.


As a new WordPress user, you should go to your dashboard to delete this page and create new pages for your content. Have fun!

どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

また、男性保育士不祥事のニュースで申し訳ありませんが、こんな裁判がありました。

神奈川県平塚市の無認可保育所で、元保育士の男が生後4か月の男の子に暴行し、死亡させた罪に問われた裁判で、横浜地裁は男に対し、懲役10年の判決を言い渡しました。

元保育士の角田悠輔被告(36)は2015年12月、平塚市の無認可保育所で、生後4か月の男の子に暴行を加え死亡させたとして、傷害致死の罪に問われました。これまでの裁判で、角田被告は「何もやっていません」と起訴内容を否認し、無罪を主張していました。

14日の判決で、横浜地裁は防犯カメラの映像などから保育所内で角田被告が暴行したと認定。角田被告の供述は「不自然で信用できない」と指摘しました。そのうえで、「保育士として子どもを健全に育む立場にありながら、職責に真っ向から反する許されざる犯行」として、角田被告に懲役10年を言い渡しました。
TBSニュースより抜粋

あのな~、お前、よ~赤ちゃん殴れるな~?

あの~、保育士免許は、言えば、子どもが好きでも、嫌いでも、保育士の学校さえ卒業すれば免許が貰えます。

さすがに、保育士試験受けて、保育所勤めて、殴るとかは、何のために試験受けてんって感じですが、もう、この手の人間には、免許取って欲しくないです。

そもそも、4か月の赤ちゃんって、ものすごいかわいいのに、そんな子をどんな神経してたら殴れるのか?心にリミッターはないんかと??

保育士どうこうじゃなくて、こいつ「人間失格」です。

裁きは、法曹界が行うのですが、懲役10年って、軽すぎやしませんか?もう、マイクロチップ埋め込んで、行動監視してぐらいじゃないと、不安な世の中ですね~★

さらに、

「角田被告は、別の女児に対する強制わいせつ罪などで去年12月、懲役15年を言い渡され、控訴しています。」
控訴するな!この変態!!殺人犯した上に、幼女犯してるやと?ふざけるな!!!

ただ、男性保育士って言葉が取り上げられますが、これは、男性保育士の問題ではなく、この角田というどうしようもない人間が起こしている事件であり、決して、男性保育士が悪いわけではないと、強く言いたいです!

はぁ、情けない
世の中こんな悲しい事件ばかりで、子ども達を外で遊ばせるのも心配です。生きにくい時代やなぁ

どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

突然ですが、僕は、「イクメン」という言葉に違和感を覚えます。

「イクメン」とは「子育てする男性(メンズ)」の略語。
単純に育児中の男性というよりはむしろ「育児休暇を申請する」「育児を趣味と言ってはばからない」など、積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す。実際には、育児に積極的に参加できていなくても、将来的にそうありたいと願う男性も含まれる。
ということなんですが。

育児が趣味だ?じゃあ何か?「イクママ」ってのが存在して、「趣味」で子育てや、家事をやっているのかい?「イクメン」は趣味で子育てを楽しむと?

子育て楽しいですよ♪
でもね、そもそも、「当たり前のことをほめないで」と言いたいです。
なんか、男性が育児とか家事とかして偉いね~って風潮がイヤなんです★

結婚当初は、よくゲームばかりして、嫁さんをキレさせていた僕ですが、子どもが生まれ、その日に大好きだったタバコをやめ、少しずつですが、子どもの沐浴したり、食器洗う手伝いをしたりすること10数年…。
今では、ご飯食べた後、食器洗わないと気持ち悪いぐらいの身体になりました。

毎日、子ども(3歳と10歳)をお風呂に入れてるし、ゴミの日を覚えて、きっちり分別してゴミ出しするし、こまごましたことならたくさんしてます。

でも、こんなん、当たり前やん。

共働きなら、当然、家事も育児も手伝います!
これは、僕がこんな仕事してるからってわけではなく、こんな仕事してなくても、きっと、普通にやってると思います。

文章力がなくて、「イクメン」に関して、すごく上手な文章書けるわけではないので、僕の場合はこの程度しか書けません。

だから、当たり前のことに対して「イクメン」という言葉で、褒めないでください。
僕はイクメンではありません。「父親」です。

[contact-form][contact-field label="名前" type="name" required="true" /][contact-field label="メールアドレス" type="email" required="true" /][contact-field label="ウェブサイト" type="url" /][contact-field label="メッセージ" type="textarea" /][/contact-form]

どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

全国的にインフルエンザ大流行してますよね~!
うちの保育所でも、過去最高ぐらいのペースで、インフルエンザにかかるお子さんが増えております★

当然、熱が出ると保健室に隔離して、その後のお世話は保健室の看護師である僕がするんですね。
この時期、いや、いつもなんですけど、感染しないように予防したり、体力をつけたりと、普段から、気をつけてはいるんです。

でも、

一昨日から、なんかしんどいな~とか思ってて、でも、熱もないし、大丈夫やろ~とか勝手に思ってて、その日はそのまま寝たんですね。
で、2時間に1回ぐらい目が覚めて、そのたびに、身体の痛みが激しくなってきて、リビングに体温計取りに降りて、熱計ったら、

39.0

おおう!症状全体から推測するとインフルエンザだねこりゃ、と、看護師的にピンと来て、マスクして病院に行って検査してもらったら5分も経たないうちに、

「インフルエンザA型だね~♪」

と、お医者さんのありがたいお言葉★

検査しなくてもわかってましたが、39℃あって、身体痛すぎる、のど痛い、咳出る、頭痛いと来たら、まぁ、インフルエンザ一直線でしょうな!

薬処方されました。


インフルエンザの薬

インフルエンザといえばタミフル♪
まぁ、おっさんやから、タミフルでも、リレンザでも、イナビルでもなんでもいいんですけどね~☆

・タミフルは飲み薬で、1日2回5日間。
・リレンザは粉末状になった薬剤を口から吸う、吸入薬。1日2回5日間。
・イナビルは粉末状になった薬剤を口から吸う、吸入薬。1日1回1日(1回吸うと終わり)

タミフルは飲み薬なので、一番お手軽といえばお手軽なんですが、0~9歳、20歳以上と、原則処方される年齢が決まっており、なんでかというとご存知の通り、異常行動、例えば、2階の窓から飛び降りたり、変な言葉を叫んだりと、因果関係ははっきりしてませんが、そういった行動が起こりやすい(約15%の確率)と言われており、処方は割と、慎重に行われます。

リレンザは、吸入薬で、上手く吸えれば、一番薬効が高いと思われます。なぜかというと、インフルエンザウイルスが増殖する気道などの粘膜に直接薬剤を届けることができるからで、直撃させるから威力がある!みたいな♪

リレンザ

出典:グラクソスミスクライン

ただ、吸う薬ですので上手く吸えないと、当然効果も出ません。なので処方される年齢は5歳以上(5歳でもできる子とできない子がいるぞ~)です。

薬効高いのにあなたはなぜリレンザにしなかったかって?
そんなん、昨日なんか、病院までフラフラで自転車こぎながら行って、診察の順番待って、意識もうろうとする中診てもらって、先生に「薬どれにする?」って言われても、『あぁあ、タミフルで…。』ぐらいしか発声できませんぜ★

あ、あと、イナビルなんですけど、これが一番楽といえば楽ですよね~!
なんせ、1回で済みますから。

イナビル

出典:第一三共製薬

ただ、吸うの失敗したら、リレンザみたいに何回もチャンスないですから、また病院にいくハメになります。なので処方される年齢は10歳以上です。が、おじいちゃんとか吸うの大丈夫か?とか思ってしまいます。

昨日病院で、隣に座ってたおじいちゃんなんか4日間38℃の熱があって、今日初めて病院に来たと言ってましたが、インフルエンザだとしたら、もう上記の薬使っても効果あらへんで!ともうろうとする意識の中思ってしまいました。

48時間以内に薬使わないと効果ないですからね~★

で、薬の効果は?

昨日の朝病院行って、朝タミフル飲んで、昼間ひたすら寝たら、夜の薬飲む前には36℃台に下がっていました!
タミフルすげ~!!
今日こうしてパソコン打てるのも、タミフルのおかげです。昨日のこの時間、熱と身体の痛みで苦しんでましたから、本当にすごいな~と思います。

ちなみに、僕毎年予防接種してるんですが、普通に貫通します。予防接種は、インフルエンザに絶対にかからない、というものではなく、どちらかというと、インフルエンザによる重症化を防ぐ効果があると考えた方がいいかと思います。
予防接種を打っていても免疫力が低下(例えば、風邪気味だったとか)している状態だと、感染の確率は高くなります。
だからと言って打たなくてもよいかというと、全然そんなことなくて、僕のように今回軽症で済んでいるのは、予防接種のおかげだと思っています!

今年のインフルエンザの流行は異常なレベルだと思います。まだまだ寒い時期が続きますので、みなさんも体調に十分気を付けて励んでください(*^^*)

↑このページのトップヘ