カテゴリ: 保育の現場

どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

運動会の季節がやってきましたね~。

年間を通しても、年度末(3月)の次に忙しいのが10月っぽい気がします。
運動会あるし、検診いっぱいあるし、園外行事(遠足など)てんこもりやし…。

で、僕はほぼ保育士なので、あまり関係なさそうなんですが、保育所看護師として、各行事に帯同しないといけないことがほとんどで、もう、一戦力として、数にきっちり入れられています。

まぁ、仕事があるのは喜ばしいことなんですが。

我が子の運動会

で、話は戻りまして、今月の運動会。
だいたい、うちの園は、10月の第1土曜日にあります。
もう、僕が就職してから、ずっと第1土曜日です。

まぁ、自分の子どもが生まれるまでは、な~んにも考えずにいたんですが、子どもが保育園に通うようになり、運動会の季節がやってくる、ちょうど10年くらい前の話ですね。

嫁さん:10月6日、○○ちゃん(子ども)の運動会やで。
僕:えっ!俺の保育所も10月6日やん!
嫁さん:見にこられへんの?

そう、わが子の運動会があっても、その日が自分の勤める保育園の運動会があっても、自分の園が優先になるのです!

他の保育園さんはどうか知りませんが、少なくとも、うちはそういうシステムです★

わが子の運動会を見に行けず、自分の保育園の運動会を裏方で運営し、成功させ、そして、家に帰ってビデオでわが子の運動会を見る。

まぁ、これが普通だと諸先輩方に教え込まれてます。えぇ。

教え込まれた協調性、いい子はいい子で叱られないよう、です★



まぁそんなことは置いといて、とにかく、行けないものは行けないのです。

初めて子どもの運動会に行ったのは、雨で第一土曜日の運動会が中止になった日、わが園も子どもの園も中止。

で、わが園の雨天順延の日が次の週の水曜日、そしてなんと次の週の火曜日がわが子の園の順延日!

ずれてる!!

園長に言って、休みを火曜日に入れてもらい、初めてわが子の運動会を見に行き、親子競技も、それはそれは全力で楽しみました♪

まぁ何にしても、順延で、しかも順延日がずれない限りは、わが子の運動会は見にいけませんねん。

時は流れ、子どもも小学校高学年、もう一人のチビは年中で保育所通い。

市内では気を遣いあい、保育園は第1土曜、小学校は第2土曜みたいに振り分けてくれてるのですが…。

おい!どっちかの運動会は見に行かれへんやないかい!!

我が職場の運動会は、当然、不動の10月第1土曜日。

「今年も見に行かれへんのか~…。」

と、思ってたら、小学校の運動会が9月の最終土曜になったんです~♪

チビ(年中)の方は、10月1週なので、うちの園とかぶっておるのですが、まぁ、小学校には見に行けそう♪

ところがどっこい!

また台風が直撃しよって、土曜日がなくなり、順延日の日曜日がなくなり、その次の順延日が火曜日なんですね。

火曜日は、わが園の運動会の予行日に当たります。

予行といえども、本番と同じ時間、同じ人間がどう動けるかをチェックするもの。
で、僕、ほぼメインで運営する側(園長の側近)で動くので、休まれへんがな!!

今年はどうやら、上の子も、チビも、見に行けません。

本当に仕事が保育園の仕事なので、同日に当たった場合はどちらを優先すべきか、重々承知しとります。

僕の園は、比較的無理を言うと、聞いてはくれるのですが、さすがに運動会系だけは、よう言いません。

また子ども達の演技を、ビデオで見るのが楽しみですが、本音を言えば、普通に観戦したいものです。

あ、そうそう、運動会本番は見れないんですが、予行は見せてくれるところが多いので、僕や、後輩たちは、保育園や小学校に予行を見に行きます。

空気的に、写真とか、ビデオとかは回せないんですが、しっかりと、子どものがんばってる姿を目に焼き付けます!

以上、保育士あるあるの一つ「運動会見にいかれへんやないかい!」を今日は取り上げましたが、本音は、

子どもの運動会生で観戦したいよ~(T_T)

では。

どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

ブログを始めて、コメント等をいただくことが少しずつではありますが、増えてきて、とても有り難いことだと感じております。

今日はその中でいただいたご質問にお答えしようと思います。

ご質問

『初めまして。よろしくお願いします。孫は保育園に通う4才の男子です。
そこの保育園は牛乳を飲ませることにしていますが孫は牛乳嫌いです。

飲むのが嫌でこぼしたりして…。
1週間前にあごに爪でできたと思われる傷が(肉が剥がれた)。
娘が子どもに問いただすと牛乳を飲まないから先生が手で頬を押さえて口を開けさせて牛乳を飲ませようとした時に爪が!

娘が次の日に事情を聞きその先生も認めて謝ったそうです。

やっと傷がおさまった今日!

保育園から娘の職場に電話が 今度は引き戸で指を挟んで怪我をして病院に連れてきました(娘が勤める病院に)。

先生が泣いて謝ってるから許しましたが 時間が経つとなんだか不愉快になってます。
先生がドアに立ち子供たちを入室させてから閉めるべきなのに最後の子ども(孫)を確認しないで指を裂傷させるほど強く〆たか・・・

病院の先生はひと針でも縫ったほうがいいかもと言われたそうですが娘が可哀そうだからやめてもらったそうです。

園長先生からもその先生からも謝りの言葉をもらいましたが、又、何かが起こりそうで気が沈みます。
子ども同士とか外で転んだりしたりの怪我なら我慢もできますが…。

長文失礼します。回答よろしくお願いします。』

と、このような内容のご質問でした。

ご質問の回答

Q:孫は保育園に通う4才の男子です。
そこの保育園は牛乳を飲ませることにしていますが孫は牛乳嫌いです。

A:この部分ですが、小さい頃は好き嫌いが多々あるものです。それでも、保育所に通う子どもたちは、保育所ではがんばって嫌いなものでも食べる努力をしています。本当に偉いです!

で、次の部分

Q:飲むのが嫌でこぼしたりして・・・
1週間前にあごに爪でできたと思われる傷が(肉が剥がれた)。
娘が子どもに問いただすと牛乳を飲まないから先生が手で頬を押さえて口を開けさせて牛乳を飲ませようとした時に爪が!
娘が次の日に事情を聞きその先生も認めて謝ったそうです。

A:いやいや、これは言語道断ですね。保育士としては一番やってはいけない行為です。僕が子どもの頃は、確かにこんな先生もいました。僕も無理矢理口を開けさせらて、野菜を放り込まれ、吐いても、その吐いたものを食べさせられたりしました。

でも、嫌いなら、例えば、今日は瓶半分だけね、とかで何ヶ月かかけて、飲む量を増やしていき、年長あたりで、嫌いでも1本飲みきるとか、そんな感じで融通を利かせて保育をしていったほうが、今後につながると思います。

それを、無理矢理傷が残るぐらい飲ませるって…。どっかの公立高校の体育科の体罰じゃあるまいし。いや、高校生と違って、大人に反論できないからまたタチが悪い。

まぁ、謝って許されるものではないと、僕は思いますね~。

しかも、次の日に怪我をさせてことを謝る。保育士は怪我をさせてしまった時、必ず、保護者にお詫びをしなければなりません。それが、その日ではなく、次の日とは。基本はその日に残業してでも保護者のお迎えを待って謝る!です。

Q:やっと傷がおさまった今日!
保育園から娘の職場に電話が 今度は引き戸で指を挟んで怪我をして病院に連れてきました(娘が勤める病院に) 。

A:ま、怪我をしたとき、病院に連れて行くときは、まず保護者に連絡する。これが基本ですね。ま、ここはいいとして。

Q:先生が泣いて謝ってるから許しましたが 時間が経つとなんだか不愉快になってます。
先生がドアに立ち子どもたちを入室させてから閉めるべきなのに最後の子ども(孫)を確認しないで指を裂傷させるほど強く閉めたのか…。

A:これは僕でもあることです。本当に不注意で、ドアを閉めてしまうこともあり、ひやっとすることはあります。

でも、僕はさすがに、この仕事長いですから、必ず後ろを振り向いて、ドアを閉めます。でも、若い頃は、やはり確認が抜けてしまい、こんな感じで事故を起こすことがあります。若い保育士にも周知徹底したいものです。

ま、問題はそこではなく、泣いて謝っても済ませれないとともあり、連日事故(怪我)が起こることが、一番の問題なんですね~。

これは、保育士・その上司(園長先生かな)がしっかりと責任を持って仕事をしていないということです。なぜ、前回の事故が起こったのか?それをしっかりと確認しないで、また保育を続けている姿勢が問題なんですね。

Q:病院の先生はひと針でも縫ったほうがいいかもと言われたそうですが娘が可哀そうだからやめてもらったそうです。
園長先生からもその先生からも謝りの言葉をもらいましたが、又、何かが起こりそうで気が沈みます。

A:それは、そうなりますよね。保育所への信頼ガタ落ちです…。

ただ、縫う、縫わないに関しては、保護者が決めることであり、保育士が口出しできる範疇にないですね。麻酔を使う場合も同様です。(緊急時を除く)

本当に、園長先生はじめ保育士さん達には、しっかりと保育をして欲しいと願うものです。なぜ、事故が起こるのか?なぜそれをしてはいけないかなど、根本的なことから、園全体で見直していくべきだと僕は思います。

Q:子供同士とか外で転んだりしたりの怪我なら我慢もできますが・・・

A:これですね。子ども同士なら、我慢もできますがね~。大人がね~。

基本、口頭で言うとケンカ腰になってしまうのと、記録として残しておきたい部分もあるので、やはり、書面にして、保育所側に要望書として提出する。これが一番効きますね~!

あと、対応は、やはり、お母さんが直接、上の方法で伝えるのが一番ですね。おばあちゃんだと、どうしても一歩引いた形になりますから。

と、こんな感じの回答をしました。

ちなみに…。

ちなみにですが、最初の牛乳を口を掴んで、傷が残るほど無理矢理飲ませる行為、これ、保育士的には一発でクビになります。

クビぐらいならいいのですが、裁判起こされて、割と損害賠償発生するパターンです。確実に、「傷害事件」です。

体罰

何より、子どもの人権守って保育しなければならない、この現代社会。子どもを守るべき立場の人間が、何を優先すべきか、何を大事にしなければならないかを、常々とはいいませんが、1日1回ぐらいは思い出して、保育すればいいんじゃないかな〜と、思います。

僕も上のように偉そうなこと書いてますけど、そんなにデキる人間ではないので、まぁ、思ったことを書いた次第です。はい。

そうそう、僕、保健師の免許も持ってるので(持ってるだけで専門ではありませんが)ご質問大歓迎です♪

またご質問等あれば、コメント欄に書いていただければ、お答えできる範囲でお答えしていきたいと思います♪

では。

どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

今年は、3月31日の土曜日まで仕事して、って、保育士あるあるなんですが、入園式の前の日とか、その前の土曜日に出勤するのは当たり前なんですね〜★

結局バタバタするだけして、4月1日(今年は2日)を迎えるんですが、持ち越しの仕事見るだけで吐きそうです。えぇ。

新年度スタート

保育所にとって、4月の入園式が、「あけましておめでとうございます♪」みたいな感じで、新しい生活がスタートします。

入園式で新しく入園する子ども、入園式の日で、新しいクラスに進級する子ども、それぞれ、大人の階段登るシンデレラです♪

いや、継続児はまぁ、普段通りに来て、普段通りに生活してるんですが、新規入園児、特に、0歳児クラスと1歳児クラスは、そこいらで、泣き声が奏でられています。

0歳児クラスの子達は、本当に小さい子が多いので、来てすぐ午前睡とかする子が半分くらいいて、ま、落ち着いてるかなって印象なんですが、1歳児クラスは、いい感じで泣き声が聞こえる。

新規入園児が泣くのはもちろんですが、それにつられて泣く継続児、部屋とか環境が変わって泣く継続児、色々います☆

保育所看護師から『ほぼ保育士』へ

僕は、この時期は手が足りなそうなクラスに入ることが多く、本当に『ほぼ保育士』を地でいく感じですね。

担任だけでは手が足りず、色んな先生が、子どもを抱っこするんですが、まぁ泣き止まない!

僕は、割とマジシャンですので、左手で午前睡の必要な子を寝かせながら、右手で2〜3人の子と遊ぶ、みたいなことをしています♪

もちろん座って、左手で寝てる子をしっかり保持しながら、右手でお友達と遊びます。

あ、寝てる子を、お布団に寝かせにいってもいいんですが、この時期は、まだ、保育士というか、僕のことを信用していないので、布団に置くと、100%泣きます!

なので、お昼ご飯までの30〜40分、僕の左手がベッドです♪

慣らし保育について

で、ここからが本題。

慣らし保育って言葉、聞かれたことありますか?

慣らし保育は、新規入園児が保育所に慣れるために、最初はお昼ご飯前、次の日はお昼ご飯後、次の日は、お昼寝寸前、また次の日はお昼寝、そして、時間を伸ばして、フルタイム(まぁ、17時には来てもらってますが)にしていきます。

慣らし保育は、子どもが慣れることが50%、保護者が慣れることが20%、あとの30パーセントは、保育士が慣れることって感じですね。

期間は、1週間もしてもらえれば、僕はいいんですが、最近の他園さんとかの傾向とかを見ると、2週間がっつり取ってもらうところが多いですね〜。

本当に、仕事が入園式の次の日からある保護者さんなら、慣らしなしでお預かりすることもあるんですが、基本、慣らし保育はしておいた方が、子ども、保護者、保育士の三者にメリットがあります。

なので、慣らしなしだと、若干、三者のどこかがしんどくなることがあります。

個人的な意見ですが、さすがに、2週間思いっきり慣らし保育しろ!と絶対に保育所で決めてしまうのは、いかがなものかと思ったりもします。

僕の場合は、1週間ぐらいは、子ども、保護者、保育士にとてもいい効果があると思うので、してあげた方がいいと思って、「慣れてきたら、もう、お昼寝してフルタイムにしちゃいましょう♪」とか勝手なこと言って、園長に「コラ〜♪」と怒られるぐらいで済むんですが、他園さんの話聞くと、やっぱり、2週間絶対に慣らし保育をしてもらうってとこが多いです。

[voice icon="https://livedoor.blogimg.jp/hobo_hoikushi/imgs/0/1/014982f1.jpg" name="まねきさん" type="l fb"]保育所は、園長先生が絶対的権力者ですもんね~。[/voice]

うちの職員でも、この4月から育休復帰した職員がいて、子どもちゃんを保育所に預けたんですが、やっぱり、2週間がっつり取らされるみたいで、とりあえず、今週は半日働いてお迎えにいくそうです★

まぁ、実際問題、慣らし保育は、預ける保護者にとっては、とっても大変な問題だと思います。
僕個人的には、保育所が融通きかせたれや!って思うことも多々あります。(自園ではなく、他園様ね)
でも、慣らし保育してもらえると、さっきも書いた通り、三者の精神的安定につながるのも事実としてあります。

そうそう、昔は全然融通がきかなかったのは、保護者さんの勤める会社で、今現在では、復帰の期間を慣らし保育の期間を考慮して(2週間程度)復帰させてくれる会社さんが多いですね~。
ありがたいことです♪

保護者さんも、初めての経験(兄弟関係もいますが)で、保育所のルールとか、システムとか覚えなあかんので大変やと思います。
そして何より、お子さんを保育所に預けて働かなければならない、こう、後ろ髪を引かれる思いとか、あると思うんです、きっと。
僕ら保育者、少なくとも僕は、そんな保護者さんに安心してお仕事に行ってもらえるよう、自分の持てるテクニックをフル稼働させていくぞ!と思った、今日の日でした。

では。

どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

今日は、保育士あるあるの記事が載っていたので、そこから思ったことを書きます。

[box class="yellow_box" title="保育士の妊娠について"]2月28日の毎日新聞に名古屋市在住の28才男性のこんな投書が掲載された。

男性の妻が保育士を務める保育園では、結婚の時期と妊娠の順番を園長が決めていて、「掟」を破って予定外の妊娠をしたため、男性と妻は園長に謝罪したのだという。

しかし、その後も園長は「どうして勝手にルールを破るのよ」と嫌みを言い続け、妻は職場で肩身の狭い思いをしている。そう明かした男性は、最後にこうつぶやく。

〈子どもを育てる職業がこんな環境であるこの国は子育て後進国です〉

投書を読んだ世の女性からは園長に対する批判の声が相次いだ。[/box]
yahooニュースより抜粋

これ、保育所では当たり前のようにありますよね〜★

あ、もっと詳しいのは、yahooニュースを見てください★

暗黙のルール ー妊娠ー

とりあえず、園長が絶対的権力を持っていて、妊娠したら、怒られはせんけど、めっちゃ小言を言われるってやつ。

保育の途中、例えば、11月ぐらいから産休に入る職員がいるとします。
その職員は、まぁ、6月7月ぐらいには妊娠がわかってて、園長に妊娠したことを伝えるんですね。

じゃあ園長はこう言うんです。

「あんた、4月ぐらいに妊娠したんちゃうの?じゃあ、10月11月に産休入るんやん!
なんでクラス決まる前に妊娠せぇへんの?そもそも、なんで4月に妊娠すんの?」

いやいや、そもそも、この少子化の世の中、妊娠して子ども授かるのは素晴らしいことやと思います!
が、保育所という、封建的施設では、上のようなことを平気で言われます。

そもそも、なんで子ども授かるのに、時期選ばなあかんねんって話ですわ。

クラス決まる前とか言われても、知らんわ!

僕の保育所での経験

そう、僕の保育所の場合、5歳クラスの担任で11月に産休に入るケースが大昔にあって、その子に面と向かって言わないんですが、裏でネチネチと、「4月ぐらいに妊娠したんちゃうの?何考えてんの?なんでクラス決まる前に妊娠せぇへんの?そもそも、なんで4月に妊娠すんの?産休11月ぐらいやん!」と、歳の近い保育士とおしゃべりしとるんですね。

それは、園の運営上の問題とか、就学前やのに担任変わってどないすんの?とかの思いがあるとは思います。

保育所の子ども達は、確かに担任が変わると、最初は混乱しますが、すぐ慣れます!

ましてや、妊娠中は、「せんせい、おなかさわらして〜♪」と、とても嬉しそうに話したりりする女の子がいたり、「せんせい、おなかに赤ちゃんおんねんから、ぜったい、おなかに当たったらあかんぞ!」と、先生を守る男の子がいたり。若くても騎士ですわな。

妊婦さん

結局、大人の都合、大人の事情で、妊娠をコントロールされる訳ですが、本当に、子どもを育む施設の職員なら、そんな事情よりも、子ども授かったことを喜んだれや!って思うわけなんです。

デキ婚(授かり婚)の場合

デキ婚(授かった婚とでも言うんですかね)の場合やと、もっと恐ろしいセリフを吐かれます。いや、吐かれてました。

「妊娠は年の順番!既婚者の先輩より先に妊娠したらアカン!ましては、子ども作って結婚なんかして、保育どう思ってんの?」

それこそ、知らねぇよ!って感じですね。結婚もしない、子どもも作らない人が多い昨今、子ども授るし、結婚もするし、いいことだらけやのに、なんでそんなこと言うんですかね~?

少子化対策に貢献してるのは置いといて、子どもを産み、育てるのは、とても楽しいことです。
それが、子どもを預かり、保育する者に、なぜわからんのか?と、思ったものです。

現在はというと

僕の経験談は、10年ぐらい前の話で、恐ろしい園長が君臨した時代の話です。

今は、さすがに上に書いたほどひどくはないです。

まぁ、「えぇ!妊娠したん!今??」ってセリフはたまに聞きますが、その後、「よかったな~♪」と声をかけています。

で、いろんなタイミングで妊娠する職員もいるんですが、その都度、どのように職員を配置すべきか、考えています。

そう、さっきも書いたんですが、大人の都合とか、大人の事情とかあって、確かに、配置とか考えないといけないケースはあると思うんですが、工夫さえすれば、保育はなんとかなります!

そして、保護者さんには、「保育士としての自覚を持ってください!」とか、園長とかに、職員の妊娠の責任を取らせるような発言をする方もいらっしゃいますが、あえて言おう。

[voice icon="https://livedoor.blogimg.jp/hobo_hoikushi/imgs/6/2/62f8f86c.jpg" name="グラム" type="l line"]知らねぇよ!!!!!![/voice]

仕事は大事ですが、仕事よりも、子どもを産み育てる方が、人間として、もっと重要なことだと、僕は思います!
妊娠したら、めでたいことで、その後のことは、それから考えればいい。だから、小さいことは気にせず、堂々と立派な赤ちゃんを産んでください!!

どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

僕は10数年、保育所で働いてるんですが、まだ駆け出しの頃、すごく戸惑ったことがあります。

それは『先生』と呼ばれることです!

最初は、『先生』と子どもに言われても、自分のことを呼んでいるのかどうか???と思うことも多々ありました。
で、保育所の諸先輩や、園長にも名前ではなく、「○○先生!」と、呼ばれ、僕、先生なの?と、戸惑った経験があります。

そう、病院で働いていたので、『先生』といえばドクターなのです!
でも、保育所では『先生』といえば保育士(僕の場合は看護師ですが)です!

なんかかっこいいような、責任感があるような、こそばいような、そんな感じでした。

[voice icon="https://livedoor.blogimg.jp/hobo_hoikushi/imgs/6/2/62f8f86c.jpg" name="グラム" type="l line"]私も先生って呼んだほうがいいっすか?[/voice]

で、今日のお話ですが、保育士が『先生』であるかどうかです。この疑問は僕が保育所に勤めて、先生と呼ばれるようになって感じた疑問です。

まず、保育所で働いている人達が教員、教師かどうか?という疑問であれば答えは違います。

中には教員免状を持っている方も多いのですが(僕の場合は養護教諭免許を持っていたり、小学校教員免状、幼稚園教員免状を持っている方が多い)保育所で働くのに特に教員免状は必要ではないんです。法律上『教員』ではないのです。

保育所で働くために必要な資格は(パートさんやアルバイトなどで資格を持たない人が一部分勤務することもありますが)もちろん「保育士」です。

現在、幼稚園(文部科学省管轄)と保育園(厚生労働省管轄)は別々の法律で、別々の目的を持って活動しています。

この二つを統合しようと幼保一元化の流れがあります。完全に統合されれば保育士資格と幼稚園教員免状の区分はどうなるのでしょうか?(この二つはかなり違います)

まぁ、今の時代は、こども園等々で「保育教諭」なるものが存在しますので、徐々に交わりつつあるのでしょうね♪

幼稚園は教員免許所有で働くのでまぁ『先生』ですよね~♪
本物です♪

では保育所でも保育士を「名前+さん付け」で呼ぶべきなのでしょうか?
僕はそうは思いません!

保育士を先生と呼ぶことで、子どもの中でも教えてくれる人、叱ってくれる人という認識ができてきます。これが「○○さん」では効果が半減しちゃうかも知れません(いや、○○さんと呼ばせている保育施設もありますが、そんなの俺には関係ねぇ★)

[voice icon="https://livedoor.blogimg.jp/hobo_hoikushi/imgs/6/2/62f8f86c.jpg" name="グラム" type="l line"]私もよく怒られますので、私の先生っすね。[/voice]

幼稚園教員、保育士の呼称は先生で統一したほうがいいかな~なんて、今は思ったりしています。

どちらにしても保育士は『先生』と呼ばれる数少ない職業です☆
子ども達に恥じないように先生と呼ばれる仕事を全うしていきたい今日この頃です。

保育士はそういう仕事であると僕は感じています。

↑このページのトップヘ