どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

結構な更新頻度ですが、いつまで続くやら★

ま、今年はこんな感じで何か気づいたことがあれば書いていこうかな~って思ってます☆

さて、

以下Yahooニュースより抜粋です。

『取手市は23日、同市井野の認定こども園「たかさごスクール取手」(近藤光江園長)で、20代の男性保育士が同園に通う男児(4)を骨折させたと発表した。
市子育て支援課によると、9日午後3時半ごろ、同園で整列しなかった男児を抱えて列に戻そうとしたところ、男児を放り投げる格好となり、男児が転倒して左足の骨を折る全治1カ月のけがを負った。
10日に匿名の情報提供があり、市が調査して発覚、調査と指導を行った。同園は19日に保護者を対象に説明会を行い、保育士は謹慎中という。男児は15日から通園を再開している。
同園は「けがをさせてしまったことに対しては本当に申し訳ない。保護者の方には誠心誠意、対応させていただいている」とコメントした。』

ま~た男性保育士ですわ!

って、男性でも女性でも、こういう、力でねじ伏せる系の保育士、いますけどね…。

しかし、男性保育士って、数が少ないのに、問題起こす奴が多いですね。

今回みたいな暴力もあれば、ロリータの変態もいます。

ねこびんた

本当に、真面目に保育に取り組んでおられる男性保育士の方がほぼ大多数なのに、一部のこういった男性保育士の風評被害を食らうことになります。

僕なんかでも保育所での仕事は10年オーバーですが、やっぱり、子どもへの当たりがきつくなりすぎないように、柔らかい言葉で注意したり、言葉遣いのきつい保育士には口頭注意を与えたりはしていますが、なかなか、みんながみんな、言葉がけが上手いとも限らないし、言葉で注意を与えるのが苦手な職員は、子どもの腕を引っ張ったりして、子どもを自分の方に向ける術しか知らないような気がします。

今回のケースでは、笑いながら投げ飛ばしてたって言うから、まぁ言語道断ですわな~。

こんなん傷害事件ですわ。

いつもながら、まとまった文章が書けませんでしたが、まずは、保育士さんが大人になりましょう。

あと、暴力や暴言では、何も生まれない、むしろ、マイナスになっていくということが、早くわかるといいですね。

ほんま頼むわ!!