スポンサードリンク

どうも、ピン今川です。

今日は、保育してる上で、ほぼ避けては通れない問題についてお話させていただきたいと思います。

保育所における食物アレルギーです。

食物アレルギーとは

食物の摂取によりアレルギー症状が出現する場合を食物アレルギーといいます。
アレルギー反応により口唇、口腔粘膜の接触皮膚炎様の症状から気管支喘息、蕁麻疹、胃腸障害を引き起こすものまでいろいろ見られます。時には血圧低下、顔面蒼白、呼吸困難、意識混濁など生命にかかわる急激な全身の反応(アナフィラキシーショック)を起こします。

アナフィラキシーショックについては、追記します。

で、原因となる食物ですが、卵、牛乳、大豆が食物アレルギーの代表ですが、小麦、米を含めて五大食物アレルゲンと呼ばれています。
その他には、ソバや、かに、えび、たこ、いかなどの魚介類、キウイフルーツ、バナナ、柑橘類などの果物、ピーナッツ、アーモンドなどのナッツ類が食物アレルギーを起こす可能性があります。

なお、ソバ、ピーナツはアナフィラキシーショックを起こす可能性が高い食品です。

子どもと大人では原因となる食品に違いがあり、子どもでは卵、牛乳、乳製品、小麦、甲殻類、魚介類が多く、大人では卵、牛乳が少なく、甲殻類、魚介類、果実が多いです。

また、卵や牛乳の成分から作られている薬剤もアレルギーを起こしやすいと言われています。

で、食物アレルギーの場合、一番多くとられる対策が、『原因食物の除去』です。

原因が確定した場合は、その食物を含むすべての食品を完全に除去する事が必要になります。

ただし、食物除去はかなりの労力を必要とします。(実際保育所でも除去食を行っていますが、給食調理員は毎日ものすごく神経を使いながら調理にあたっています。)

また栄養のバランスを欠きやすいので、必要以上の食物除去は行なわない。そして保育所の場合は代替食品などを利用し、栄養を補っています。

除去食開始によりアレルギー症状の出現を抑えつつ、加齢に伴う腸管の消化能力の発達、腸管内の免疫機構特にに分泌型IgAの増加などで、アレルギー反応が起きにくくなることが期待されます。(ちょっと話が難しいですが、まぁ、とりあえず参考までに。)

なお、アトピー性皮膚炎の治療の際、特異的IgE抗体と皮膚炎発症の関係は低いため、原則として食事制限は行なわない。

と、まぁ食物アレルギーはこんな感じになります。

僕の所見も若干入ったお話にはなりましたが、本当に昔(僕が子どもの頃)に比べると、食物アレルギーを持ったお子さんが多いな~という印象を受けます!

よく言われるのが、科学物質の存在なんですが、このあたりは研究段階で、いろいろ論議が分かれるようです。

冒頭に、数年前、こんな痛ましい事故があったことを覚えておられるでしょうか?

担任がチーズ入り給食を渡す アレルギーの女児死亡問題

東京の小学校で数年前、チーズなど乳製品にアレルギーがある5年生の女児が給食を食べた後に死亡した問題で、担任の男性教諭が誤ってチーズ入りの食品を女児に渡していたことが、市の教育委員会への取材で分かった。

市教委によると、当日の給食の献立はチーズを含んだ韓国風お好み焼きのチヂミだった。

学校や担任は女児のアレルギーを把握しており、女児にはチーズを抜いたチヂミを提供したが、女児がおかわりを希望した際、担任が間違ってチーズ入りのチヂミを渡してしまった。

 

と、本当にあってはいけない事故だと思いました。と、同時に他人事ではないな、とも思いました。

僕の勤める保育所でも、実際にアナフィラキシーショックを起こして、病院に搬送した事例があります。

この女の子の場合は小学校だから自衛手段があったと言われる方もいますが、確かに、自衛はできたかも知れません。しかし、事故が起こった場合、責任を取るのは、当然大人です。それは小学生でも保育園児でも変わりません。

アナフィラキシーショックについて

で、事故のときの責任については、いろいろ論議がありますが、次はアナフィラキシーショックについて。

食物アレルギーの症状のなかで、最も気をつけなければならないのがアナフィラキシーショックです。
短時間で急激に悪化するため、ときに生命を脅かします。アナフィラキシーが起こったときにどうすればいいのか?

顔色が真っ青になり、ぐったりしたら迷わず救急車を。僕も保育所で救急車を呼んだことがあります。

で、ショックとは、何らかの原因により急激に血液の循環が悪くなり、体の組織に酸素が行き届かなくなる状態です。その結果、細胞の働きが低下し、さまざまな臓器がうまく働かなくなります。

アナフィラキシーショックとしては、下のような症状が起こってきます。

<アナフィラキシーショックの症状>
・顔色が真っ青になる
・冷や汗が出る
・ぐったりする
・脈拍が弱く、速くなる
・呼吸が浅く、速くなる
・不安、興奮、無関心などの意識状態の異常が現れる

起こった場合の対応としては、速やかに医療機関を受診する(救急車を利用する)

そして、受診までの対応ですが、
・仰向けに寝かせ、足を少し高くして血液の循環を助ける
・吐いたもので喉がつまらないように、顔を横に向ける
・毛布などで包み、体を温かくする
・アドレナリンの自己注射(エピペン)を打つ

と、こんな感じです。自己注射(エピペン)に関しては、預かる・預からないが保育所によって対応がまちまちですが、今は、僕が勤める保育所では、ガイドラインを作成して、預かる体制を整えており、実際に預かっています。

先ほども触れましたが、やはり、保育所でも、除去食を提供しています。アレルギーのお子さんも大変ですが、調理員もまた大変で、

献立表

これ、アレルギー食の専用献立表なんですが、こういうのが、日に2~3種類(普通の献立を含め)の給食を作ることが必要とされています。

事故を起こさないように、保育士も、調理員も、もちろん看護師の僕も、給食の時、特に除去食があるときは、気を張って仕事しています!

でも、やっぱり、除去食を続けて、解除(もうアレルギー職を提供しなくてもいい状態)になって、その子がアレルギー物質の入った、今までダメだった食品を食べるのを見ていると、嬉しく思ったりします♪

まぁ、僕の花粉症なんか、春限定だし、食事に制限のあるアレルギーの方がよっぽど大変ですし、親御さんも大変だと思います。
少しでも、負担を減少できるように、日々精進していきたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です