どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

季節が変わってきました。みなさん最近体調はいかがですか?

さて、今日はこんな話題。

ぎょう虫検査と座高測定の廃止について

[box class="red_box" title="ぎょう虫検査と座高測定"]文部科学省は、同省令の学校保健安全法施行規則を改正し、学校での健康診断の項目から座高測定とぎょう虫検査を外した。
これに伴い、半世紀以上続いてきた座高測定も寄生虫卵検査も2015年度限りで廃止した。[/box]

と、廃止されたわけなんですが、なんで廃止されたかというと、

座高測定の廃止

座高測定は戦時体制下の1937年、「胴長は健康」と考えられて始まった。徴兵の際の身体検査が学校に影響したとみられる。戦後も小中学校や高校などで続けられてきたが、以前から「測定に意味がない」「結果が活用されていない」など、関係者の間で実施を疑問視する声が出ていたため、廃止に至りました。

って、「胴長は健康」って、どんな考え方やねん!と思いますが、まぁ、そんな時代もあり、昭和生まれの僕も、どちらかと言えば「胴長は健康」の部類に入る足の長さを誇っています!

検査の時は、少しでも足が長く測定されるよう、お尻をスライドして、座高が低くなるようがんばりましたが、結局、足長男子にはなれず、「お前の座高○○センチもあるやんけ!」とおちょくられた記憶が走馬灯のように蘇ります。

その、役に立ったか立たないかかの座高測定も、廃止されました。

保育所では、座高検査は行ないません。いや、行ってるところもあるのかな?
でも、保育所ができた当時(30~40年くらい前)から、座高測定っている~?って、疑問に思っている人が多かったので、うちの保育所には導入されなかったんだと思います。

ぎょう虫検査について

一方、寄生虫卵検査は1958年に始まりました。小学3年生以下に義務付けられ、肛門にセロハンテープを貼ってぎょう虫の卵の有無を調べる「ぎょう虫検査」を実施している学校が多かったんですが、下水道の整備や化学肥料の普及で、子どもの寄生虫感染率は激減し、最近10年間の検出率は1%以下で推移していました。

そんな検出率で検査自体いるか?と論議になり、廃止に至りました。

で、ぎょう虫検査なんですが、「ぎょう虫検査ってまだあったの?昭和やで~!」って方も多い思います。
でも、現実として、平成に入ってからもあったし、なくなったのは数年前です。

でもでも、僕この仕事15年以上してるけど、保育所で15年で1人しか出たことないんですけど!!

僕の勤めてる保育園には、系列園が4園あります。で、15年で僕の園の1人なので、400人(全園児合わせると)×15年=延べ6,000人で1人です。確率でいうと、0.00016%ですね!

そうは言っても、僕が子どもの頃には、年齢別では幼稚園や小学校の子ども(5~10歳)に5~10%の高い寄生率がみられ、この子ども達の両親の年齢層である30~40歳にも第二のピークがみられていました。

ぎょう虫に感染するメカニズム

ぎょう虫に感染するメカニズムなんですが、ぎょう虫はヒト固有の寄生虫で、成虫は盲腸や虫垂に寄生しています。
メスはおなかの中に卵がいっぱいになると、人が眠った後、肛門から出て肛門周囲に約10,000個の卵を産みます。
産卵の終わったメスは死んでしまいますが、卵は発育が非常に早く、産卵後2~3時間で内部に幼虫が形成され感染力を持つようになります。

メスが肛門から出て、その周囲に産卵するときにかゆみがあるため、かくと虫卵が手について、それが口に入って感染します。
また、虫卵は下着やシーツなどの寝具についたり、床に落ちたりしたものがチリやホコリと一緒に鼻や口から入ってきます。

そのために家族内や集団生活の場での感染がおこりやすいのです。
書いてて怖いですね......。

ぎょう虫の検査は、虫卵が肛門外に産みつけられるため検便では虫卵を見つけることができません。セロハンテープ肛囲検査法により、肛門の周囲についた虫卵をセロテープにはりつけて顕微鏡で調べます。
ま、いわゆるこんな感じの検査用紙ですね!

[colwrap]
[col2][/col2]
[col2]ぎょう虫シート[/col2]
[/colwrap]

検査方法は、昔懐かしいこんな感じです!

ぎょう虫検査方法

現在、ぎょう虫の治療にはコンバントリン(成分名:パモ酸ピランテル)っていう薬が一般的に使われます。
1回飲めば90%以上の人が陰性になり、副作用もほとんどありません。
しかし、1人だけを駆虫したのでは不十分です。家族ぐるみ検査をして感染している人の一斉駆虫をしなければ、再感染する可能性が高いのです。

が、下水道の整備や化学肥料の普及で、子どもの寄生虫感染率は激減し、先ほども書きましたが、最近10年間の検出率は1%以下で推移していたそうで、やはり、うちの保育園と同様、確率は超低いようです。

なので、この歴史あるぎょう虫卵検査も、2015年度限りで廃止されました。

学校保健安全法で決められていることなので、学校だけ、幼稚園だけと思われるかも知れませんが、保育所の保健関係は、学校保健安全法に準拠していることが多いので、うちの園でも、2015年に廃止となりました。

僕の遠い昔の記憶とまとめ

実は、僕はその昔、ぎょう虫検査で引っかかったことがあります。
いや、正確には、ウ○コにぎょう虫が混じってたんですね~!!
あの恐怖は今でも忘れられません......。

白い虫さんが『こんにちは~!』って、僕に挨拶したんですよ!
当時5歳だったんですが、今でも鮮明に「おかあさ~~~~~~~~~ん!!!!!」って叫んだのを覚えてます......。

ま、何が原因かっていえば、『僕、砂食べれるねんで~!』と、友達に、自慢げに砂を食べて見せたのが原因なんですが未だにトラウマになっとります......。

今は砂を食べる子も少なくなったのか(きっと今も昔も僕ぐらいでしょうね)ぎょう虫検査も、廃止されたわけですが、まぁ、発症しないように、くれぐれも、爪をかんだり、砂を食べたりしないよう、子どもたちに啓発していくのが、過去に失敗した自分の責任と思っとります。

では。