保育士試験に独学で合格するために必要なもの

どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

平成301120日に2019年版に記事を更新していますので、よかったらご一読ください

保育士試験に独学で合格する!

今日は、保育士試験に独学で合格するために必要なもの、について書いてみたいと思います。

過去に、何度か保育士試験対策のことを書かせていただいたのですが、このページは、そのまとめみたいなものです。
(これからも時代の流れにより、オススメの本とかを改定&更新していきますね)

独学の心構え

いきなりですが、保育士試験は独学でも大丈夫だと思っています

が、独学で保育士試験を受けるにはリスクもあります。

本当は、僕も、時間とお金があれば、選択肢として

①フルタイムの学校(短大とか大学とか専門学校とか)に通って、保育士&幼稚園免許を取得する

②通信の学校で学ぶ&通って、保育士&幼稚園免許を取得する

と、行きたかったとこなんですが、お金はないわ、時間はないわ、仕事は休めないわで、独学、というか保育士試験に至ったわけなんですが……。

でも、ここにたどり着かれた人は、きっと、僕と同じような境遇で、お金がない、時間がない、仕事は休めない、のような方だと思います。
なので、独学で、絶対に合格してやる!というノウハウみたいなのを書きますね。

ちなみに、独学には、賢いか賢くないかどっちがいいかって言われたら、賢い方がもちろんいいです。

が、僕は脳細胞がすでにMAXの状態を過ぎてから受験しましたので(30歳ぐらいですね)明らかに賢くない方の人間だと思います。

1回目のお試し受験と、2回目の本気受験で、無事合格通知をいただきました。
それは、僕が賢かったからではなく要領が良かったからだと思います!

資格試験とかって、要領が大事です。

だって、仕事しながらとか、家事しながらとか、子育てしながらとか、とにかく、ほとんどの方が、学生の頃のように、その勉強だけやってればいいって環境にはないと思うんです。

なので、少なくとも、保育士試験を受けた人間の個人的見解として、保育士試験は、『要領の良さ』と『運』が、合否を左右すると思っています!

まぁ、運を引き出すのも、その人が行なってきた努力(要領良くですよ)があってこそ、発揮されるものだと、思っとります。

とりあえず試験科目が多いので、要領よくやってかないと、試験までに全科目終わらないってことがあると思うんです。

保育士試験は6割取れればOKな試験です!

切り捨てるところは切り捨てて、ここだけはってところだけを重点的にやります。
そうして取捨選択しないと、時間も頭の容量も足りなくなるからです!

ただ、その取捨選択を誤ったら、アウトです。独学のリスクは、そこにあります。

この取捨選択には、2つの意味があります。

一つは、『6割を取るために4割を捨てること』です。

もう一つは、とりあえず、3年合格の権利があるから、今年は〇教科だけ受かればいいや~という『諦めの心』ですね。

実際、僕も1発合格はできず、2年目での合格でした。
でも、1発合格だろうと、3年かかろうと、合格は合格です。

なので、ポイントをまとめると、要領よく、運を高め、取捨選択をし、諦める、ってことですね

ほんとに、今から書く勉強法の記事を読んでいただき、本ブログ推奨の問題集なんかをやっていただけると、一発合格も夢ではありあません!

そもそも僕、保育士免許いるの?

僕は、看護師で、保育所の保健室に配属になりました。

僕も保育所に就職して、2年目かぐらいの時に、『せっかく保育所に就職したからがんばって保育士免許取るか~!』と思って、通信教育の総本山、ユーキャンを頼みましたが、頼んだけど、ほとんど読むことなく(きちんとやれば、効果はあると思いますが)保育士免許を取るテンションも下がり、その後数年が経っておりました。

で、保育士免許を取ろうと真剣に思ったのは、本当に保育をする(看護師ですが)ようになって、会議とかで意見をするようになってきた頃、ある先生から「保育士ちゃうのに生意気なこと言わんといて!(大阪弁)」と言われ、『保育士ちゃうのにやと~!!!』とハートに火が付き、『絶対保育士免許取って、保育に対しても意見の言える男に、俺はなる!!(某海賊漫画風に)』と思ったのが、本当のきっかけです!

で、それが願書提出ギリギリぐらいの話で、急いで願書取り寄せて、受験料振り込んで、8月の試験(当時は年1回だったんですね)に臨みました!

が、当然準備不足で、2教科ほど落としてしまいました……。

でも、明るく考えると、3か月ぐらいの勉強で、6教科(保育実習理論と、保育原理以外)合格点をもらいました。

しかも仕事が忙しかったのでほぼ勉強していないのに、まぁまぁな結果です。

これは、2年目は真剣に勉強したら、実技試験に行けるかな?ぐらいの手ごたえを感じました!

実際、2年目は割と余裕を持って合格することができました!

なぜでしょうか?

僕の保育士試験勉強法

僕の保育士試験勉強法ですが、通信教育は全く使いませんし、保育士試験対策のスクールに通うこともありません!

なぜかと言うと、通信教育をするお金がないからです。
あれ、結構高いんですよね~。

あと、一番ないのは「時間」じゃないかと思います。

もちろんスクールも、とんでもない額を払った上、時間もきっちり決まって拘束されるので、拘束が好きなアナタは向いているかも~。

いや、このページに辿りついている人は、なんとか独学で受かってやると、野望を抱えた人ばっかりだと思います!

さて、仕事しながら、効率よく合格する方法。

それは……。

参考書を熟読しないことです!

これはどういうことか??

それは、勉強には「インプット」と「アウトプット」というものがあるということです。

インプットとアウトプット

インプットは、例えば、参考書でひたすら知識を詰め込んでいくことです。
アウトプットは、その詰め込んだ知識で問題集なんかを解くってやり方です。

が、インプットばっかりの方式で勉強してると、確かに知識は付きます。そして、勉強が好きな方とか、脳の容量が半端なく多い人なんかにはオススメの勉強法、まぁ、いわゆる『王道』になるんですが、僕のように脳の容量が少ない人間や、仕事が忙しくて勉強する時間の無い方には、このがっつり覚える勉強法が、けっこうしんどいんですよね~。

本が分厚いと挫折しそうになります……。

しかも、大学入試とかと違って、保育士試験は、割と素直な問題が、5択で出ます。

この『素直』ってのがポイントで、素直じゃない大学の入試問題(センター試験除く)に比べると、そのままって問題が結構出るんですね!

なので、僕の勉強法は、とりあえず、インプットよりも先にアウトプットから始める、つまり、問題集を解くことから始めます!

そして、その問題集は、保育士試験の出題に似たものや、穴埋めの問題集、一問一答式なんかを使います。

中でも僕が使ったのは、

一問一答!保育士試験 頻出問題1500

なんですが、これ、2009年あたりで発売してないみたいなんです。

過去の本はあるんですが……。

が、今は時代も進み、一問一答式も戦国時代!ここで本当にオススメなのが、

保育士一問一答問題集 ’19年版 [ 近喰 晴子 ]

これです!

以前紹介したこの本です!

本の質感(触り心地)とか、中身の色使いとか、中身の見やすさは、こちらのほう僕の好みでした。

ユーキャンの保育士これだけ!一問一答 & 要点まとめ 2019年版 / ユーキャン保育士試験研究会 【新書】

ただ、色んな本を見ていると、やっぱりユーキャンの一問一答も良く出来ています。

本当に、高い通信教育代払わなくても、実質が勉強の核になります。

どちらの本でも、一問一答式なら、ご自分の気に入られたもので大丈夫です。

なんせ、大事なことは、その本を愛して使えるかどうかなので、例えば、イラストが気に入らんとか、色遣いが気に入らんとか、あると思うんですよね〜。

だから、愛せる本で勉強するのが一番です

で、ただ単に解いていっては、ただ参考書読むだけと、何ら変わりありません。

ここでポイントとなるのが、『解答・解説』です!
解答・解説には、短い文章の中に、重要なことが書いて(収めるスペースがないので、本当に重要なことしか書いてない)あります!

例えば、この問題の場合(これ、後述する問題集のある問題なんですが)正解はなんですが、問題解いて、で正解して、ヤッタ〜!ではあかんのです。
はなぜ正解なのか、その他の出題文は、何が間違えてるのか、この本の場合、というか、多くの場合は、必ず間違えに対する正しい答えが書いてあります。

それを必死で覚えます!!

間違えたら必死で読んで覚えます!

問題を解く間違える解答・解説を読む(ここ重要)を繰り返します!

これが、『インプット』の作業になります。

もう一度言います
問題を解く→間違える→解答・解説を読む(ここ重要)を繰り返します!!

で、例えば、僕がやったのは、子どもの食と栄養なら子どもの食と栄養、保育原理なら保育原理、みたいに、その日解く範囲を決めて、間違えたらまたもう1周、間違えたらまたもう1周ってのを繰り返します。

参考書を読むのと違うところは、問題を解いているから楽しいこと、クイズみたいな感じですね。

あと、単調に覚える作業をしなくていいことですね!

これを、各教科、徐々に、無理の無い程度に、毎日繰り返すのがポイントです。

これなら、時間があいたときに、パッと開いて解くみたいな勉強ができます!

くれぐれも、解きっぱなしにならないよう、覚えるまで解答・解説を読んでくださいね。

ここまでが、僕の勉強法の『核』になります!

勉強法を支える『縁の下の力持ち』

勉強の『核』の話をしましたが、ここからはこの勉強法を支える『縁の下の力持ち』を説明したいと思います。

2019年の勉強方法
今年度の勉強法は、去年同様参考書を使用し、インプットしていく方法(Aプラン)と新規発掘した問題集を使い、インプットとアウトプットを同時進行していく方法(Bプラン)を書いていきたいと思います。

保育士試験合格Aプラン

一問一答式の問題集をベースに、解答・解説を大事に勉強していくのが、この勉強法の基本なのですが、ここで、知識に「肉付け」するために、初めて参考書を使います!

使う参考書のオススメは、

2019年版 ユーキャンの保育士 速習レッスン(上) (ユーキャンの資格試験シリーズ) [ ユーキャン保育士試験研究会 ]

2019年版 ユーキャンの保育士 はじめてレッスン (ユーキャンの資格試験シリーズ) [ ユーキャン保育士試験研究会 ]

の、2冊セットになります。

何がオススメかって言うのは、カラーリングがすごくわかりやすくて、重要ポイント一目瞭然です

そう、ユーキャンは、通信教育に裏打ちされた、長年のノウハウがあるのです!

上巻は、筆記試験9科目のうち、「保育原理」、「教育原理」、「社会的養護」、「児童家庭福祉」、「社会福祉収録」の5教科が収録されてます。

下巻は、筆記試験9科目のうち、「保育の心理学」「子どもの保健」「子どもの食と栄養」「保育実習理論」の4科目を収録しています。

僕、ユーキャンの回し者でも何でもないんですが、ほんとにユーキャンの教材はよくできています。

で、参考書はあくまで『参考』なので、軽く読む程度にして、というか、どうしても解説読んでもわからないとか、もう少し説明が足りないなと言うときに読んでもらえれば効くと思います

時折、がっつり教科書で勉強している方がいらっしゃるんですが、僕には到底マネできません……。

って、非効率的な感じがします。

保育士試験合格Bプラン

保育士試験合格Bプランは、参考書を『参考』程度にも読まずに、さらに突き詰めて、問題を解く方法で、さらに、若干参考になることが書いてあればいいな~という願望を叶えた本になります!

2019年版 試験対策のプロが書いた!保育士合格テキスト&問題集 上巻 [ ライセンス学院 ]

2019年版 試験対策のプロが書いた!保育士合格テキスト&問題集 下巻 [ ライセンス学院 ]

え~、この本、結構前からあるんですが、こんなにいい本だったかな?

なんか、イラストの使い方が変わったような、読みやすい印象に仕上がっています!

なんせ、問題を解きながら、参考書も見やすいという、とても素敵な1冊。あ、2冊か。

僕的には、今年はこっちをオススメしたいですね!

試験の感覚を養う

保育士試験は、入学試験のように『落とす試験』ではなく、資格を取るための『受かる試験』です

一問一答式の問題集が1教科で1周して、AプランかBプラン、どちらかをある程度やったら、こいつで今の実力を計りましょう。

2019年版 ユーキャンの保育士 過去&予想問題集 (ユーキャンの資格試験シリーズ) [ ユーキャン保育士試験研究会 ]

試験の形式の問題に慣れておけば、いざというときに役に立ちます。

あと、

福祉教科書 保育士 完全合格問題集 2019年版 (EXAMPRESS) [ 保育士試験対策委員会 ]


過去問としては、1年分なので物足りないかも知れないですが、予想問題や、過去問からよく出題される部分をたくさん問題として載せているこの本もオススメです。
この本は、上記のユーキャンとかの過去問が終わって、さらに余裕があれば、バンバン解いていくのに向いていますね~!
余裕があれば是非。

各教科との対戦方法

とりあえず、一発合格できることに越したことはないのですが、いかんせん、保育士試験というものは、合格率が10数%、で、一発合格率が5%未満の、非常に難関と思われている試験です。

が、あくまでも、試験自体は難しいというより、いかに覚えてるか、いかに頭の中に引き出しをたくさん持っているかが勝負になります。

僕の場合は、捨て教科とかは1年目受けた時全然考えてなかったのですが、保育実習理論と、保育原理が捨て教科になりました。
まぁ、捨て教科というより、ただ落ちただけなんですが……。

一般的には子どもの食と栄養(小児栄養)や社会福祉なんかが、捨て教科になるのかなと考えます。

全部できる人は全部してもらって大丈夫なんですが、もし、2年スパンとかで考えることができるなら、受かる教科は確実に取る!落とす教科は……。と割りきって勉強することが大切かと思います。

とりあえず勉強の基本線はインプットアウトプットの繰り返し、むしろ、覚えるというよりも叩きこむような感じですね。
一問一答式や、問題集を解きまくり、参考書は参考程度じゃ~と考えて勉強してください!

で、覚えることに専念すれば、結構ギリギリでもいけないこともないので、各教科のやっつけ方を簡単にご紹介します。

・社会福祉
とにかく覚えましょう。法令と用語と人物名、これだけで6割行けるはずです。

・児童家庭福祉
社会福祉と同様に法令と用語と人物名を中心に頭に叩きこんでください。

・子どもの保健
僕は専門職(看護師)なので、この教科全く勉強しなかったんですが、とりあえず、病名とか原因とかセットで関連付けて、覚えます。
特に、学校保健安全法の感染症の種類や、予防接種なんかを覚えましょう。
常識の範囲で解答できるところもあるので、自分を信じましょう! ← 子どもの保健でわからないところがあれば、ぜひご相談ください!

・保育原理
社会福祉、児童家庭福祉、教育原理、社会的養護等、関連科目があるので、そっちができていればこれも大丈夫だと思います♪あくまで、前述の教科を勉強していることが条件です! ← 勉強しなければ、僕のように落ちます。

・保育の心理学
保育の心理学に関しては、理解しようとするより、覚えて覚えて覚えまくるで合格できます。
一通り、問題集を解いて、解答解説が頭にはいっていれば、たぶん大丈夫です。
難しく考えすぎないことが大事かも。

・教育原理
教育原理は、他ともかぶる部分がたくさんあるので一通り問題集等をやれば大丈夫です♪。

・社会的養護
こいつが曲者です。
この教科は、理解しようとしたら壁にぶち当たるので、素直に書かれていることを覚えましょう。

・保育実習理論
童謡を知っているほうが有利です!
とりあえず、有名どころの童謡CDでも買って、聞いておきましょう。
で、この教科は1年目に落としたんですが、勉強して理解してしまえば、この科目はそんなに問題なくいけると思います。
それから、絵画造形関係は、やりだしたらきりがないので、テキストの基本だけ覚えましょう。
あとは出たとこ勝負!

・子どもの食と栄養
この教科で、保育士試験を諦めた方、何名か知ってますが、諦めないで!
保育士試験の中ボス(ラスボスは実技試験)と名高い子どもの食と栄養(旧小児栄養)。

この教科は、出題範囲がやたらと広いので、問題集・一問一答式・過去問を解きまくった上、参考書等でおさらいしまくってください。
覚えなければならない部分はたくさんあるんですが、とにかく、問題集・一問一答式・過去問を解いてもらえれば、見えてくる部分が多いと思います!

ちなみに、全社協のテキストを買ったほうが良いと言われていますが、僕はあまり必要と感じませんでした。っというか、買ってません。

まとめです♪

問題を解く間違える解答・解説を読む(ここ重要)を繰り返します!!

問題集を解くとき大切なポイントって覚えてますか??

これは、特に発行元(ユーキャンとか)にこだわらなくてもいいんですが、過去問は確実に5年分はこなしておく、予想問題も数多く見ておく、ってのがポイントですかね~。

そして、間違えなくなるまで解きまくります。

一問一答式の問題集をこなした後なら、結構解ける問題も多かったりします!

こうして、インプットとアウトプットを繰り返すことによって、試験の時にテンパっても大丈夫なようになります。
なぜかというと、似た形の問題は、試験前に、問題集で見慣れているからです。

とにかく、保育士試験は、1問や2問落としたところで落ちません!6割取れれば合格なんです

一発合格を狙う方は、社会福祉・子どもの食と栄養あたりに時間をさくことができれば、合格に近づくと思います。

あと、参考書とか、問題集の解答・解説にもよく書いてあるんですが、『保育所保育指針』の内容。
これをどれだけ覚えているか、理解しているかで、結構解ける問題が多いと思います。

あとは、試験当日に自分がやったような問題が出ることだけを祈りましょう!
ここは、運です!が、運を発揮するには日頃の努力ですよ!!

ちなみに、僕は看護師なので、子どもの保健(小児保健)や子どもの食と栄養(小児栄養)は正直、軽く勉強、いや、問題集を軽く流した程度ですね~。でも、保育の専門教科である、保育原理や、保育実習理論はきっちり落としました……。

まぁ、得意不得意があるので、得意な教科は適当に、苦手な教科は重点的にやれば、自動的に合格が見えてくると思います!

ここまでが、僕がやった2年で保育士試験に合格する勉強法です。

でも、あくまでも僕のやり方なので、ここから、自分なりにアレンジして、『自分の勉強の形』を作るといいと思います
そうすると、僕は2年かかりましたが、一発合格も十分、いや、確実に見えてきます

今11月で、4月に試験ですから、今から勉強すれば、合格する可能性はものすごくあります!!

保育士試験、一緒にがんばりましょうね

4 件のコメント

  • 保育士じゃないのに生意気言うなとかやっぱり言われるんですね(^^;
    保育士取りたいのはやまやまなんですがいかんせん実技が…国家試験で保育士取ったのは本当に尊敬します(^^;

    • コメントありがとうございます♪

      病棟経験は、本当に半年とか1年とかでもあると、全然違うし、いろんな経験をしてから、保育所で働くときはもちろん、他の病院に勤務した時にも役に立つと思いますよ♪

      で、実技試験に関してですが、また記事にしようかと思ってますが、なんせ、3種類のうち、どれをチョイスするかになるんですね。
      僕は絵がしょうこ画伯よりヘタなので、必然的に読み聞かせとピアノになりました!
      ピアノも独学で、先生について習ったとかはなく、職場の保育士さんにアドバイスちょっともらった程度です☆
      読み聞かせの方は何とかなるので、絵かピアノか、どちらか得意な方を選択になるかと思いますが、いずれにしても、筆記試験よりはイケます♪

  • 貴重な体験談ありがとうございます。
    精神論じゃないですが、やってやる!って気持ちは土台になると思いますね。

    やっぱり過去問の繰り返しで、きちんと理解していくことが大切なのですね。
    うちの病院でも保育士が勤務しています。
    保育士同士は~先生と呼び合っているのですが、女性看護師はそれが気に入らないようで・・・。(笑)

    ほぼ保育士さんは、その悔しさをバネに頑張られたので、看護も保育もできますからね!

    自分もナースマンさんと同じく実技が・・・。
    絵心も音楽も話もいまいちなので、しっかりと準備しなければと思います。

    あ、一問一答。 自分も好きです。 

    • コメントありがとうございます♪

      僕はおもいっきり、先生って呼ばれてますね〜!
      就職したばっかりの頃は、先生って〜、とか思ってましたけど、慣れましたね♪
      むしろ、保護者さんが、呼び名が先生じゃないと、呼びにくいのかな〜と思いますね^ ^

      そう、筆記試験受かると、次は実技ですから、どれを選択するかは自分自身になるんですが(いや、もう願書出した時点で決まってるか☆)どれでも、筆記試験の対策をしながら、やっていかないと不安ですよね〜!

      とりあえず、筆記クリアできたら、実技の合格率は跳ね上がってますので、きっと大丈夫♪
      がんばりましょうね^ ^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です