保育士試験 独学での合格法 その1

スポンサードリンク

どうも、ピン今川です。


今日は久しぶりに保育士試験ネタを書いてみたいと思いますなんでこの記事を書こうかな~と思ったかというと、意外と『保育士 独学』で検索してこちらにいらっしゃる方が多いからです


なので、保育士試験のブログを謳っている以上、書きますよ~(^^♪

保育士試験の勉強法については、以前に書かせてもらいましたが、今日は補足的なものを♪

僕は、保育士試験は独学でも大丈夫♪だと思っています♪

が、独学で保育士試験を受けるにはリスクもあります(*_*)

本当は、僕も、時間とお金があれば、選択肢として
①フルタイムの学校に通って、保育士&幼稚園免許を取得する
②通信の学校で学ぶ&通って、保育士&幼稚園免許を取得する
と、いきたかったとこなんですが、お金はないわ、時間はないわ、仕事は休めないわで、独学、というか保育士試験に至ったわけなんですが^^;

でも、ここにたどり着かれた人は、きっと、僕と同じような境遇で、お金がない、時間がない、仕事は休めない、のような方だと思います^^;

なので、独学で、絶対に合格してやる!というノウハウみたいなのを書きますね♪

ちなみに、独学には、賢いか賢くないかどっちがいいかって言われたら、賢い方がもちろんいいです♪

が、僕は脳細胞がすでにMAXの状態を過ぎてから受験しましたので(30歳ぐらいですね)明らかに賢くない方の人間だと思います。

1回目のお試し受験と、2回目の本気受験で、無事合格通知をいただきました♪

それは、僕が賢かったからではなく要領が良かったからだと思います(^^)v

資格試験とかって、要領が大事です♪

だって、仕事しながらとか、家事しながらとか、子育てしながらとか、とにかく、ほとんどの方が、学生の頃のように、その勉強だけやってればいいって環境にはおられないと思うんです(*_*)

なので、少なくとも、保育士試験を受けた人間の個人的見解として、保育士試験は、『要領の良さ』と『運』だと思います♪

まぁ、運を引き出すのも、その人が行なってきた努力(要領良くですよ♪)があってこそ、発揮されるものだと、思っとります♪

とりあえず試験科目が多いので、要領よくやってかないと、試験までに全科目終わらないってことがあると思うんです。

とりあえず、今言う『独学』って言うのは、自分で参考書や問題集を本屋で買って、それをするというやつなんですが、もし、自信のない方には、ヒューマンアカデミーの保育士試験講座に通われたり、通信教育の王道ユーキャンを選ばれることをオススメします♪

ホントは、僕もユーキャンの通信教育で勉強したかったですよ(^_^;)でも、本当にお金が無かったのと、一度独学でどれほどできるのか試してみたかったのもあります★

保育士試験は6割取れればOKな試験です♪
切り捨てるところは切り捨てて、ここだけはってところだけを重点的にやります!そうして取捨選択しないと、時間も頭の容量も足りなくなるからです!!

ただ、その取捨選択を誤ったら、アウトです。独学のリスクは、そこにあります(T_T)

この取捨選択には、2つの意味があります。一つは、『6割を取るために4割を捨てること』、もう一つは、とりあえず、3年合格の権利があるから、今年は○教科だけ受かればいいや~という『諦めの心』ですね!

実際、僕も1発合格はできず、2年目での合格でした^^;
でも、1発合格だろうと、3年かかろうと、合格は合格です♪

でも、僕でも、独学で合格できました!

なので、ポイントをまとめると、要領よく、運を高め、取捨選択をし、諦める^^; ってことですね♪ ← なんのこっちゃ(T_T)

ほんとに、過去の記事を読んでいただき、本ブログ推奨の問題集なんかをやっていただけると、一発合格も夢ではありあません♪

では、また次回保育士試験の記事を書くときは、各教科のやっつけ方なんかを書いてみたいと思います(^^)v

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です