保育園看護師が書く保育園の保健だより 1月号

ほけんだより2月号
どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

あけましておめでとうございます♪

今年もよろしくお願いします。

お正月休みもあっという間に終わり、今日(1月6日)から仕事始めという方が多いんではないでしょうか?

まぁ大昔、病院で働いていた頃は、お正月は当然働くもので、病院で年を越したのが昨日のことのように思い出されます☆

今は日勤ばっかりやから、暦通りに動いとります。

お正月前後仕事だった皆様、ご苦労さまです♪

さて、令和2年1月のほけんだよりが完成しました~♪

ほけんだより令和2年1月号

ほけんだより2月号
クリックで大きくなります♪

時候の挨拶

楽しいお正月を過ごされたことと思います。長いお休みで楽しかった反面、ついつい夜遅くまで起きていたりと生活リズムが乱れていませんか?

なかなか布団から出られず『おねぼうさん』になっている子も多いと思います。今年も風邪をひかず元気で楽しい生活が送れるよう、規則正しい生活習慣で戸外でも十分遊び、健康な身体づくりをしていきましょう。

生活リズムを立て直すには、☆早寝・早起き ☆食事は3食バランスよく ☆朝の排便☆うがい・手洗い・歯磨きを忘れずに を心がけましょう。

ここでのポイント

やはり長期休み明けになると、生活のリズムが乱れがちです。

特に、寝るのが遅くなったり、起きるのが遅くなったりしがちです。

生活リズムを立て直すには、☆早寝・早起き ☆食事は3食バランスよく ☆朝の排便☆うがい・手洗い・歯磨きを忘れずに を心がけることが大切だと思います。

乳幼児嘔吐下痢症について

ノロウイルスやロタウイルスを主原因とする感染症が全国的に流行しています。

症状

主に下痢、嘔吐、吐気、腹痛で、通常症状が2~3日続いたあと、回復します。潜伏期間は、通常1~2日です。上記の症状が出たり、お子さんの様子がいつもと違うと思ったらすぐに受診してください。

下痢便や吐物の処理

下痢便・嘔吐物には、ロタウイルスやノロウイルスが含まれていることが多いです。

☆子どもも大人も普段から手洗い・うがいをしっかりと行いましょう

☆下痢便や嘔吐物を処理するときは必ず使い捨て手袋を着用しましょう

☆下痢便や嘔吐物を処理するときは ①すぐに拭き取る ②乾燥させない ③消毒する の三原則を守りましょう

ここでのポイント
冬のこの時期に、ノロウイルスやロタウイルスが原因の嘔吐や下痢が流行します。

で、症状と便や嘔吐物の処理方法を書いています。

ここに書いてあるだけではないのですが、やはり怖いのは2次感染で、持ち帰った吐物の付いた服やシーツから保護者さんが感染することも多々あります。

うちの保育所では、処理方法を書いたお手紙を吐物や下痢便の付いた衣類を入れた袋に一緒にセットしておきます。

保護者さんの感染を防ぐのも、保育所の仕事です☆

マスクは何のためにするの?

マスクをしていても、ウイルスはマスクの目を通って侵入します。しかし、冷たい空気やほこりから鼻やのどを守ることで、少しでも乾燥を防ぐことができます。

風邪をひいている人は、咳やくしゃみによる他の人への感染を、マスクをしてできるだけ防ぐようにしましょう。

風邪を予防するには

 ・早寝・早起きをして規則正しい生活をしましょう

 ・疲れたら早めの休養をとりましょう

 ・栄養バランスの取れた食事をとりましょう

 ・人ごみはできるだけ避けましょう

 ・外出から帰ったら、手洗い・うがいをしましょう

 ・身体を清潔に保ちましょう

 ・部屋の保温・保湿・換気をしましょう

ここでのポイント
日本では、マスク神話があり、マスクをしているとウイルスを完全に防御できると思っていらっしゃる方が多いんですね。

うん、ウイルスって、マスクの目より小さいから、マスクの目をすり抜けて入ってきます★

あと、鼻のところの針金の入っているところをキュっと曲げずに、空間ガラ空きだと、そこからも奴らや侵入します。

で、マスクが完全に役に立たないわけではなく、とっても役に立ちます!

他の人への感染を予防できること、乾燥からのどを守ることができる等、完全にインフルエンザ感染の方はもちろんのこと、風邪気味の人や、絶対うつりたくない人など、お互いマスクしてると効果的ですよね~。

あとは、マスクを過信し過ぎず、毎日、手洗い・うがいを習慣づけることが大切だと思います♪

睡眠は十分とっていますか?

テレビを観たりゲームをしたりして、寝る時間が遅くなっていませんか?十分な睡眠は、良く食べることや遊ぶことにつながります。

骨や身体各部の成長を促すホルモンは、寝ている時に分泌されます。寝る時間が遅いと、成長ホルモンの出る量が少なくなります。

また、朝寝坊など、子どもの生活リズムの乱れは、日中の大脳の動きを鈍くさせます。生活リズムが乱れやすいこの時期、ぜひ睡眠時間を見直してみましょう。

ここでのポイント
冒頭にも書いたのですが、どうしても長期休み明けには生活リズムが乱れがちになります。

少しの期間なら問題ないのですが、あまりにも長期間になると成長にも影響してきます。

よく、「寝る子は育つ」と言いますが、まさにその通りだと思います♪

まとめ的なもの

例年1月のほけんだよりは、インフルエンザの予防などを中心に書くのですが、うちの保育所、昨年12月の中旬にインフルエンザが流行し始め、年末には患者数が延べ40人を超えるなかなかのパンデミックでした。

なので、今月号は昨年とレイアウトをだいぶ変更して書きました。

お便りは、基本的にその時に合った時事ネタを書くのが一番です。まぁ毎年そんなに変わるわけではないので、大きく書くことは変わらないのですが、さすがに半分くらいの子ども達がインフルエンザになると、インフルエンザ関連のお便りは書けません。

いや、正確には、即時の情報を載せるために、臨時のおたよりとして園内のよく見える場所にその疾患のことを載せてます。

病気は流行しない方がいいんですが、するのが集団生活ってもんです。

少しでも、流行を食い止めるのが、僕の仕事です。はい。

では、また次の記事でお会いしましょう♪

ほけんだより2月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

今川先生と申します。
仕事は保育園の保健室で看護師・保健師をしています。
保健師として、色々なところで講演活動をしておりますが、あくまでも仕事としての受け答えとなり、もっと、気楽に子育て中のママさん、パパさんのお悩みにお答えできればと思っております。