iPhoneの純正ケースを防水加工して少しでも長持ちさせる方法

どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

今日はいつも使っているiPhoneの純正ケースのことを書きたいと思います♪

iPhone純正ケース

一言で言うと、使いやすい!

ケースってすごい悩みますよね?

悩んだ結果、イメージと違うやん!ってのを、iPhone4s(最初に持ったiPhone)の時代から繰り返していました。

純正ケースを使うまで

初めてiPhone純正ケースを使ったのは、iPhone6の時でした。

iPhone4s、5、5sとケースを付け、悩んだ時代が長かったのですが、結局、ケースなしの「裸族」で持ってましたね〜。

iPhone5sまでは、裸族でも全然イケてたんですけどね。

iPhone6になってから

iPhone6になってから、iPhoneの形が変わり、大きさ、というか長さが長くなり、カメラもなぜか出っ張るようになりました。

カメラ出っ張ってると、机の上に置くと、カタカタ安定しないし、何より見た目が。

今でこそ出っ張りカメラにも慣れましたが、当時は「なんじゃこれ?」でしたね。

でも、僕にとって問題は、カメラの出っ張りよりも、その大きさが問題でした。

ジーンズの後ポケットに入れると、ちょっぴり「こんにちは」するんです。

iPhone5sまでのサイズではこんにちはすることはなかったのですが、iPhone6はダメでしたね。

ガラス貼ったら、角からこんにちはしたガラスが割れるし、裸族で持ってると、本体の角に傷いくし…。

で、ケースを付けるようになったんですが、どのケースを付けてもしっくりこないし。

そんな時に出会ったのが、iPhone6純正ケースでした♪

お値段は、普通のケースより高かったですが、これはいい!と感じ、7、8と使い、今iPhone Xなんですが、ずーっと純正ケース使ってます♪

純正ケース何がいいの?

箱も高級感漂う感じ。

もう、他のケースにはないピッタリ具合です!

写真が微妙なんですが、画面を伏せて置いても、画面が直接机なんかに付かないようにケースが作られています。

カメラの部分も、直接接触しないように、少し低く作られています。
細かいこだわり!

細かいこだわりと言えば、

電源ボタンも、

音量ボタンも、寸分の狂いなく作られています。
作りもアルミニウムで上品に作られています。

実際押してみても、なんの違和感もなく、押すことができます。

もちろん内側の造りも妥協なく、本体が傷つかない素敵な仕様!

って、iPhoneのケースのレビューは、検索すればたくさん出てくるので、僕のレビューは参考までに。

iPhoneケースの防水加工

iPhoneの純正ケースは、ご存知の通り、本革でできています。
メンテナンスしないで使っても、もちろん使うことはできます。

でも、何もメンテナンスしなければ、1年でだいたい内臓(プラスチック的なもの)が見えてきます。
また、汚れがすごく目立ってきます。

そこで、汚れが目立たないように、防水加工することをオススメします♪

革製品なので、クリームとか塗り込んでも長持ちしますが、そこまでのメンテナンスはな~と思ってる方には最適かなと思います!

iPhone6の純正ケースの時からやってますが、水は確実に弾きます!
水を弾くと、必然的に寿命が延びます!

やり方はとっても簡単。

革製品OKな防水スプレーを用意します。

だいたいでいいです。
放して、ムラなく吹き付けていきます。
およそ15秒ぐらいで吹けると思います。
だいたいでいいです♪

で、吹き付けたあとはこんな感じ。

びちゃびちゃで、「大丈夫か?」と初めてなら思う方もいると思います。
特に、この「サドルブラウン」はブラックとかよりも、より、びちゃびちゃ感が強いです。

が、

約15分乾かせば、あら不思議!
何も塗ってないかのような出来栄え!

これで、1週間は水を弾いてくれます。
さすがに、水中ドボンは無理ですが、少々の水滴なら大丈夫です。

なので、1週間に1回はケースから本体を外して、スプレーをシュッと吹いてあげると、きっと長持ちします!

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です