保育所での健康診断について

スポンサードリンク

どうも、ピン今川です。

さて、突然ですが、保育所では学校保健安全法に準じて、就学時及び毎年定期的に健康診断を行うことが定められています(学校保健安全法11条~18条)。
項目は次の通りです。

保健検査(発育、健康状態等に関する調査)
身長、体重
座高
栄養状態
胸郭の異常の有無
視力
聴力
目の疾病および異常の有無
耳鼻咽喉頭疾患の有無
皮膚疾患の有無
歯および口腔の疾病及び異常
結核の有無
心臓の疾病及び異常の有無
尿
寄生虫卵の有無
脊椎側彎(モアレ検査ならびにX線撮影)
貧血
小児生活習慣病

と、羅列すると、学校保健安全法では、こんな感じで検査が行われています。(保育所はもっと健康診断の項目が少ないんですが^^;)

で、健康診断があるごとに、子ども達を勇気づけたり、ドクターの補助をしたりするのが、保育所看護師の使命なのですが、今日は逆の立場でした★

そう、自分の健康診断です(T_T)

これもまぁ、職場で働く者には義務付けられているんですが、いつもと逆の立場、超つらいです(T_T)
何がつらいって?順を追って見ていきましょう♪

1.診察(視診・聴打診・血液検査結果の説明 )
2.血圧測定
3.身体測定
4.体重・BMI・体脂肪率・腹囲測定
5.尿検査(糖・蛋白・潜血・ウロビリノーゲン・沈渣他)
6.視力検査(左右の裸眼又は矯正)
7.眼底検査
8.眼圧測定
9.聴力検査(オージオメーター)
10.心電図検査(安静時12誘導)
11.肺機能検査
12.腹部超音波検査
13.骨密度検査
14.便潜血反応検査(2日法)
15.胸部X線検査
16.胃部X線検査
17.血液検査

と、こういう項目で検査していただけるんですが、ネックとなるのは、やはり、

胃部X線検査ですね~(T_T)
いわゆる、『バリウム』です★

毎年飲んでますが、慣れないですね~。発泡剤飲んで、あのドロドロの液体一気飲みして、機械の上でぐるぐる回って…。
なんか楽な方法はないかなと思うのでうすが、やっぱり一番は『気合い』ですね~^_^;

子どもたちに「がんばれ」と言ってる以上、僕も1日ぐらいはがんばらないといけませんね~(T_T)

とりあえず、今日わかったことは、去年より体重が2キロ増え、体脂肪が25%で、善玉菌が少なく、悪玉菌が多い。おまけに、腹囲が84センチ…。
みなさんも、体調管理には十分気をつけましょうね(T_T)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です