保育所看護師の心構え(男女問わず)

こんにちは!今川先生です。

今日は、以前書いた保育所看護師について、反響が大きかったので補足的なことというか、心構え的なことを書こうかと。

僕はもともと看護大学を卒業して、何となくお給料のいい病院に就職しました。
仕事はもちろん一年目のペーペーだったので全くできず、先輩に怒られる毎日でした。その頃はなぜ怒られているのかもわからないくらい出来の悪い看護師でした。

とりあえず毎日激務をこなし、出来ないなりに頑張り、夜勤をこなし、人の生き死にをみたり、霊安室に見回りいったり、まぁステキな仕事でした。いや、看護師ってそんなんなんですよね~。

グラム
病院の看護師さんって大変っすよね~☆

で、病院で働いてしばらくして、今の保育所経営母体、まぁ4園あるんですが、そのうちのどこに行くかわからないけど保育所看護師を募集していて、とりあえず保育所ってどんなとこかな~って思って、ほんと思いつきで行動すること多いんですが、面接というか、話を聞きに行きました。

そしたら、なぜか理事長的な人に気にいられてしまい、保育所に看護師として転職することになりました♪
でも、保育所ってどんなとこやろ?実習で一週間ぐらいは行ったけど、看護師としてどんな仕事するんやろ~?と思って、まぁ3月末に病院を退職し、4月から保育所で働くことになりました♪

で、保育所に行くと、今の経営母体の方針で、看護師は赤ちゃんクラス(0歳児クラス)と兼任でがんばってくださいと言われました。
子どもは昔から好きだったのですが、赤ちゃんは触ったこともないし、どうしたらいいんやろ~?と、思ってたら、ベテラン保育士が『とりあえず添い寝して♪』とムチャぶりな仕事を言ってきました。

添い寝?ん?添い寝?横で寝たらよいのか?赤ちゃん泣いとるけど、どないしたら泣きやむんや?とか思いながら、横で寝て、トントンしてみました。

赤ちゃんはだいたい5ヶ月ぐらいの赤ちゃんだったのですが、僕の顔を不思議そうに見ながら、半目になってきたので、お、寝るぞ~!みたいな感じで、トントンし続けると、何と赤ちゃんと一緒に僕も寝てしまったんですね~!!

今では考えられませんが、当時は若かったので、寝かせると自動で寝てしまうシステムが僕の頭の中に組み込まれていたようです。
幸い、ベテランの先生が器の大きい先生だった?ので、僕にも赤ちゃんにも布団をかけて、1時間ぐらい寝てたようです。
本当に今では考えられませんが、仕事中に寝るって★

グラム
わたしも寝てばっかりですけどね、えぇ。

まぁ、それが僕の仕事の初日で、そこから、例えば離乳食を作ったり、あ、幸い料理は一人暮らしが長かったのでできたのですが、リンゴ剥いたことなくて、毎日離乳食にリンゴを使うので、毎日スーパーでリンゴ買って、むく練習をしていました♪

で、食べさせて、寝かせて、遊んで、オムツ替えて、みたいなことをしばらく、ん~、3ヶ月ぐらいしたのかな?ぐらいのときにふと思いました。

『看護師の仕事は?今完全に保育士やな~。』

そうなんです、保育所看護師って、基本保育士みたいになるんです。
しかも、保育士は園にたくさん、いや、僕と調理員以外、全員保育士です。なので、言わば『一人職場』です。

だから、保育士と同様に働きつつも、熱とか病気した子どもの看病をしたり、保護者に連絡したり、保健のデータを作成したり、色んな仕事があります。

でも、保育所看護師は基本、保育所に一人しかいないので、誰かに看護の仕事を聞くこともできないし、とりあえず、何をしたら良いのか?聞いたら良いのかわからない状態が続くんですね。

で、何となく保育士と同様の仕事をこなして、しばらくして保育の仕事がわかりだして保育のことを保育士に意見したら、保育士でもないくせに偉そうに!みたいな言われ方をしたり、いや、言われなくても保育士でもないくせにとは少なからず思われていると思います。

僕の場合は、それが悔しくて、小さい男のプライドをかけて、保育士試験を受けて、保育士免許も取得したんですが、それはあくまでも『自己満足』です。

本当に大切なことは、免許を取ることも大事ですが(保育所看護師がですよ。保育士になりたい方は、もう絶対に保育士免許を取った方がいいですね!とりあえず保育士免許を取ることが、保育所で仕事をする上でのスタートラインだと思います。)いかに、保育所で働いていくかです。

僕の場合は保育士免許を取りましたが、別に取っても取らなくても、看護師免許があれば、保育所で十二分に仕事をすることができます。ただ、やっぱり相談する相手が欲しかったりします。僕は男なので、多少女性の職場で外れたことをしても、あまり何も思われませんが、女性同士だと、やっぱり外れたことをすると目立ってしまいます。

だけど、せっかく保育所に勤めたのだから、保育士として(免許があろうがなかろうが)看護師として、保育所で自分のやり方で立ち回っていけばいいと思います。

僕の場合は赤ちゃんクラスの担任だったので、4月当初、泣き叫ぶ赤ちゃんをいかにして泣き止ませるか、とか、いかにご飯を食べてもらうか、とか考えながら仕事をしていましたが、やはり勤めた当初は赤ちゃんの泣き声が耳から離れませんでした。
でも、何か自分にできることはないかな?とか考えているうちに、例えば、この子は抱っこしながらなら寝てくれるんや!とか、この子はトントンを割と強めでいくと寝てくれるんや!とか、その子の特色が見えてきます。いや、見えてきました!

そこからは、とりあえず子どもを寝かせる技術?を磨き、その時はクラス担任が僕を含め3人、子どもが9人だったのですが、他の先生が、例えば休憩に行ってるときでも、9人同時に寝かせる技術なんかがついていきました♪
そのうち、『○○君はマジシャンみたいやな~!』と言われるようになりました♪
ある先生は『睡眠のプロ』とか、『眠りの○○』みたいな、名探偵コナンの探偵さんみたいな愛称で呼ばれるようになり、嬉しいやら悲しいやら何とやら。

グラム
素直に喜んでいいっすよ。

で、さすがに10年以上勤めた今では、後輩に指導したり、保育のことに口を出そうが、看護師としてとか、保育士としてではなく、一人の人間として見てくれてる印象があります♪
なので、僕が思うのは、とりあえず保育所に行くこと、で、働いてみて、自分なりに何ができるか考えてみる、または、考える前にやってみる、それから、怒られても、とりあえず笑っとく☆

あと、怒られるにしても、その人の意見があるので、もし、いい意見なら取り入れる、役に立たないものは捨ててしまう、忘れてしまうのがいいですね。

どちらにしても、『なるようになる!』です♪
答えにはなってないかも知れないですが、これが僕なりの今思ってることです☆

なので、迷って、悩んで、苦しんで、何か見えてくればいいと思います♪
なので、今迷ってたり、悩んでたり、苦しんでいてもきっと『なるようになる』です♪

2 件のコメント

  • サラッと書いていますが、激動の10数年だったのではないでしょうか?
    今は、乳幼児突然死症候群も言われていますし、0歳児は特に神経を使うと思います。

    >当時は若かったので、寝かせると自動で寝てしまうシステムが僕の頭の中に組み込まれていたようです。

    自分も現場マンの1年目の時に、現場への移動中に寝てしまい。(運転は先輩)こっぴどく叱られました。(笑)
    車の揺れね、心地いのですよ。

    >どちらにしても、『なるようになる!』です♪

    日々、考えて行動していけば答えは自ずと出てくるのかもしれませんね。
    投げださずに続ける事が一番の近道なのかも。

    • こんばんは♪
      そうですね〜!色々あった10数年でしたね〜★
      赤ちゃんも、僕が入った当初は、睡眠のチェック体制もなくて、睡眠のチェック体制を整えて、SIDS予防に少しでも効果があればと試行錯誤した時期もありました。

      って、自分も寝てしまってますが、今は完全覚醒してますよ♪
      でも、我が子の寝かしつけ(今も寝かしつけ中)の時は、一緒に寝てしまうこともしばしばありますね〜^^;

      そう、最後の一文は、ほぼ自分に日々言い聞かせていることで、なるようになると思いながら、日々仕事やら、私生活を送ってます♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です