保育士試験の概要

スポンサードリンク

みなさんこんにちは♪ほぼ保育士です☆
今日は、保育士試験の概要についてお話したいと思います♪

保育士試験は、筆記試験と実技試験の2本立てで行われます。
試験内容
・筆記試験 : 社会福祉・児童福祉・発達心理学及び精神保健・小児保健・小児栄養・保育原理・教育原理及び養護原理・保育実習理論の8科目。
・実技試験 : 保育実習実技(音楽・絵画制作・言語の3分野から2分野選択)
※試験科目が一部免除される場合があります。
(2年以内に一部科目に合格していて、免除申請を行った者。幼稚園教諭免許状所有者は、発達心理学・教育原理・実技試験が免除。など)
試験日程
筆記試験:毎年8月上旬・2日間
実技試験:10月中旬・日曜日(筆記試験の全科目合格者のみ)
201301171151369b4.jpg
合格率は推移を見ていただければおわかりいただけるように、毎年10数%と非常に狭き門となっています。しかし、しっかりとポイントを押さえて勉強することで、保育士資格取得に近づくことができます。一人で勉学するときのポイントは、また後日書かせていただきます♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です