保育士試験の勉強法 その3

スポンサードリンク

みなさんこんにちは◇ほぼ保育士です♪
今日は寒かったですね~☆こっちの地方でも雪がちらついてました(^^;)体調管理には十分お気を付けくださいね♪
さて、今日は保育士試験勉強法の3回目、昨日は勉強の『核』の話でしたが、今日はこの勉強法を支える『縁の下の力持ち』を説明したいと思います♪

なお、記事は2015年度版に改定しております♪本の紹介も2015年度版にしております(^^)v
一問一答式の問題集をベースに、解答・解説を大事に勉強していくのが、この勉強法の基本なのですが、ここで、知識に「肉付け」するために、初めて参考書を使います♪
使う参考書のオススメは
 

2015年版 U-CANの保育士 速習レッスン(上) (ユーキャンの資格試験シリーズ)

 

2015年版 U-CANの保育士 速習レッスン(下) (ユーキャンの資格試験シリーズ)

の、2冊セットになります♪
また、ユーキャンかって??そう、ユーキャンは、通信教育に裏打ちされた、長年のノウハウが・・・。いや、昨日もいいましたね(^^;)
でも、何がオススメかって言うのは、カラーリングがすごくわかりやすくて、重要ポイント一目瞭然です♪
ちなみに、上巻は筆記試験9科目のうち、「保育原理」「教育原理」「児童家庭福祉」「社会福祉」「社会的養護」の5科目を収録されてます♪
下巻は、筆記試験9科目のうち、「保育の心理学」「子どもの保健」「子どもの食と栄養」「保育実習理論」の4科目を収録しています♪
って、受験生の方もそうですが、僕も新しい教科名に慣れなくちゃ☆(うっかり小児保健とか、小児栄養とか言いそうです(^^;)
僕、ユーキャンの回し者でも何でもないんですが、ほんとにユーキャンの教材はよくできています♪通信教育ももちろんいいんですが、お金が無い、時間が無いって方には、本当にオススメです♪時折、がっつり教科書で勉強している方がいらっしゃるんですが、僕には到底マネできません(*_*)って、非効率的な感じがします☆
保育士試験は、入学試験のように『落とす試験』ではなく、資格を取るための『受かる試験』です(^_^)v
で、参考書はあくまで『参考』なので、軽く読む程度にして、というか、どうしても解説読んでもわからないとか、もう少し説明が足りないなと言うときに読んでもらえれば効くと思います♪
そして、一問一答式の問題集が教科で1周したら、こいつで今の実力を計りましょう☆
 

2015年版 U-CANの保育士 総仕上げ予想問題集 (ユーキャンの資格試験シリーズ)
 

2015年版 U-CANの保育士 厳選過去問題集 (ユーキャンの資格試験シリーズ)
 

過去問&予想問題を解きましょう♪
これは、ユーキャンにこだわらなくてもいいんですが、過去問は確実に5年分はこなしておく、予想問題も、数多く見ておく、ってのがポイントですかね~(^^)
問題集を解くとき大切なポイントって覚えてますか??
問題を解く→間違える→解答・解説を読む(ここ重要)を繰り返します!!
そして、間違えなくなるまで解きまくります☆が、一問一答式の問題集をこなした後なら、結構解ける問題も多かったりします♪
こうして、インプット・アウトプットを繰り返すことによって、試験の時にテンパっても大丈夫なようになります♪なぜかというと、似た形の問題は、試験前に、問題集で見慣れているからです♪
ここまでが、僕がやった2年で受かる合格勉強法です♪でも、あくまでも僕のやり方なので、ここから、自分なりにアレンジして、『自分の勉強の形』を作るといいと思います♪そうすると、僕は2年かかりましたが、一発合格も十分、いや、確実に見えてきます(^o^)
一緒にがんばりましょうね(*^_^*)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です