子どもに呼ばれて♪

こんにちは!今川先生です。

いやいや、2月も終わりそうですね~!そして、まだまだ寒いですね~!!早く春の兆しが見られるとうれしいんですが~☆

昔の人はよく言ったもので、1月は「いく」2月は「にげる」3月は「さる」と言った具合に、年度末の過ぎていくスピードが速いのなんのって!

昨日の手帳の話じゃないですけど、3月もあっという間に終わりそうです!

で、忙しい、というか、事務仕事が年度末は増えてくる(新年度の準備のため書類を作り替えないといけないので☆)のですが、保健室で事務仕事をしていると、保育所の年長の子どもが呼びにきました。

「せんせ~、ちょっとへやきて~♪」

こんな声を出すときは、ケガではなく、何か楽しいものがあるときです♪
で、年長の部屋に行ってみると・・・。

「せんせ~(僕のことね♪)つくってん♪」

この積み木みたいなやつ、『カプラ』っていうんですけど、普段は、写真の上にあるように、立体的なもの(建物とか)を作ったりします♪

で、子ども達は、平面で、僕の全身像を作ってくれたんですね~♪

指の数とかもちゃんと表現されてるし、ぐちゃぐちゃの髪型とか、子どもはよく見てるな~と感心させられます♪

目つきの悪いとことかもよく表現されていて、しっかり見てるんだな~と思うと同時に、赤ちゃんから保育所に入って、もうすぐ卒園かと思うと、こういう立派な作品を作れること、僕の存在を認知してくれていること(事務所組ですから)、そして何より、大きく成長してくれたことが、とても嬉しく思います(*^_^*)

卒園まであと1ヶ月!楽しい思い出を作ってあげたいと思った、今日この頃です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です