鬼からの電話

スポンサードリンク

みなさんこんにちは◇ほぼ保育士です♪
いやいや、昨日は晴れのち雨で、夜からきっちり雨でしたが、今日はその逆で、雨のち晴れの天気予報。さて、どうなるかと思っていたら、朝は雨でしたが、昼からは晴れてきました!やっぱり雨より晴れたほうがいいですね~♪
さて、今日は近頃話題の子育て法をご紹介します。あ、よく読んでくださいね(^^;)

みなさんも小さいころ、お父さん、お母さんからこんな風に脅されませんでしたか? 「言うことを聞かないと、オバケがくるよ!」と。
そうなんです、今回紹介する子育て法は、まさに子どもにコレ(オバケがくる)を本当だと信じさせて、いい子にしてもらうためのスマートフォンのアプリ。お子さんのワガママに手こずっているお母さん、お父さんの間で、じわじわと人気が広がっています!
そのアプリの名は『おにから電話です』
『おにから電話』は、子どものワガママをいましめる、リアルで迫力タップリの電話がかかってきます(実際は画面をタップしてアニメーションを再生します)。用意されているシチュエーションは次の6種類★
・言うことをきかない時(担当:あかおに)
・寝ない時(担当:おばけのおちよ)
・歯磨きしない時(担当:ゆうくん)
・お片づけをしない時(担当:佐々木さん)
・痛くて泣き止まない時(担当:救急隊員)
・お薬を飲まない時(担当:お医者さん)
で、スマホの画面には
201302271650476ca.jpg
こんなかわいい感じの鬼さんで、アピールしています★
どれもリアルで、着信だけでビビる可能性大…。
う~ん、子どもの頃にこんなアプリがあったら…。おそろしや~★これですよこれ(T_T)
20130227165048e1f.jpg
この鬼の顔の怖いこと怖いこと(T_T)これでお子さんがワガママを言うこともなくなります♪
って…。
アホか!! ← 失礼(^^;)
こんなもんに頼ってどないすんねん!!!ってのが僕の意見です★
これ確実にトラウマになるでしょ~(T_T)
いやいや、それ以前に、こんなものに頼る育児方法自体がいかがなものかと考えます。
正直この脅しをしなきゃ言うこと聞かない子じゃダメですね。もっと厳しく言うと、この脅しに頼る親がダメですね。
鬼やオバケの存在を知らせ、彼らが来ないように自発的に頑張るならまだしも、電話をかける事で恐怖感が増す増す(T_T)
テレビで、毎日使っていると話していたお母さんとか、実際そのアプリを使って子どもに言うことを聞かせるVTRを見ましたが、確かに言うことは聞きます。
ただ、あれは親の力ではなく、親が鬼の力で子供を支配するだけのアプリだと僕は思います。(僕の個人的な意見ですが…。)
で、この子育て方法では親は必要ではなくなります。
親は子どもが鬼を怖がらなくなったら、怒るようにすればいいや~ぐらいに思ってるんでしょうかね~??
その場しのぎの子育てですね~。毎日毎日、怒って言い聞かせてしつけするのが面倒なのでしょうね。いや、毎日怒るしつけも少し考えないといけませんが。
まぁ、鬼って一言言えば楽だし言うこと聞くし…。言うこと聞かせるために鬼を使って子どもを自分の言うこと聞かせて思い通りに操作したいだけに見受けられます…。
僕も一人の親なので、鬼さんの力に頼ってしまう親御さんの気持ちもわかります。鬼さんに頼らなければ言うことを聞かない子がいることも知っています。
でも、本当に子どもを叱らなければならないとき、叱るのは親ですか?鬼ですか?
叱る姿を親がしっかり見せて(背中で語る感じ)、言うことを聞かせるという子育てではなく、自分で、自発的に動けるように働きかける子育てが必要ではないでしょうか?ある意味、『体罰』よりも精神的にきつい子育てかも知れません。
また、薬を飲まないときや、ましてや、痛がってる時に、脅してどうするつもりですか??悪化するわ(T_T)
で、このアプリ、育児雑誌の会社が作ったということですが、仮にも育児に携わるものが、『脅し』使ってどないすんねん(T_T)
金儲けも大事ですが、育児って、もっと大切なものがあるんじゃないですか??便利なものがありふれる反面、本当にうすっぺらい世の中になったようで、なんだか悲しです(T_T)
とにかくまとまりのない文章になりましたが、このアプリに関して賛否両論ありますが、僕は一人の親として、こんなアプリ、使えません。って~かこんなアプリに頼らなくても、普通に子育てできてます♪
また、保育所では当然、スマホで鬼を出す芸当はできませんが、『せんせい』の言うことをよく聞いてくれます♪
要は『鬼』に頼らなくても子育てはできる!そう信じたい今日この頃です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です