光化学スモッグ!

こんにちは、今川先生です。


さてさて、今日はこれからの季節やってくる、ある問題についてお話したいと思います。
暑くなってくると必ず、保育園に流れてくる連絡網があります。「ただいま、光化学スモッグ注意報が発令されました!」
光化学スモッグ。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 小学生の頃にも先生がそんな言葉を言っていて、校庭で遊べなくなった、などありませんでしたか?
光化学スモッグについては、保育士を目指す方、保育士をされている方、現在、子育て中の保護者の方をはじめ、これから子育てをはじめる方も、ぜひ知っておいてほしいと思います。そこで、皆さんに知ってほしい情報を簡単にまとめましたので、ご覧ください☆
では、光化学スモッグって何?ってことなんですが、光化学スモッグ は、簡単に言うと「汚染物質」です★
太陽からの紫外線と、大気中の物質が「化学反応」をおこしてしまい、汚染物質をつくってしまうのです。そのときに発生される、二次的な汚染物質に「光化学オキシダント」と呼ばれる「 光化学スモッグ 」が発生するのです(*_*)
では、どのようなときに「光化学オキシダント」は、発生しやすくなるのでしょうか?
・最高気温、25℃以上
・日中、2.5時間以上の日照りがある
・夏型の気圧配置であること
などの条件が合うと、発生します。このことから、梅雨の合間や、初夏、夏などに多く発生するのがわかりますよね。まさに、これからの時期なのです(-_-;)
で、光化学スモッグ 警報や注意報は、光化学オキシダントの濃度により発令されます。濃度が濃くなると、目や喉などを中心に人体に影響を及ぼしてしまうのです☆
うちの保育園にもこんな感じで光化学スモッグ警報や注意報が出た時に、旗を上げるようにしていますが、色分けはだいたいこんな感じになっています!
P1110096s.jpg
光化学スモッグ 警報や注意報が発令されたら、以下のように対処しましょう!
?お子さんと屋外で遊んでいた場合は、屋内に入りましょう。
?屋内にいる場合も、風の向きを考え、窓を閉めましょう。
?目が痛い!喉が痛い!などの症状が出た場合は、目を洗う、うがいをするなど処置を行い、安静にしていましょう。症状が良くならない、ひどくなった、などの場合は、医師に診察してもらいましょう。
どうしたら警報・注意報が出ているかわかるのかと?いうことですが、注意しなきゃいけないとわかっても、その情報が、保育園・幼稚園などに行っていない限りわかりませんよね。そのようなときに活躍するのが、環境省大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」です♪ →環境省のホームページ
パソコンが手元にない状況の場合、携帯電話やスマートフォンでも情報を確認することも出来るのです!
家を出る前に、パソコンでチェックしてみてください! 屋外で遊んでいて、暑いな~と感じたら、携帯電話やスマートフォンでチェックして、光化学オキシダントから、お子さんを守りましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です