水いぼについての考察

こんにちは!今川先生です。
いよいよ夏本番ですね~まぁ日差しがキツイキツイ(^_^;)
そして、保育所ではプールも始まっています
そこでよく「水いぼがあってもプールにはいれるんですか?」と聞かれます。
僕の勤めてる保育園ではOKです。
根拠としては、以下のようなものがあります。
平成11年4月に改定された学校保健法の「学校において予防すべき伝染病」の「第3種 その他の伝染病」のなかに「水いぼ」と「とびひ」が入っています
「水いぼ」への対処の施行細則は、文科省作成の「学校において予防すべき伝染病の解説」の「その他の伝染病」「通常の出席停止は必要なし」にあります。
予防方法及び学校における対応・・・多数の発疹のある者については、水泳プールでビート板や浮き輪の共用をしない。
とあり、プール参加の禁止とは書いてはありません。
保育園における感染症の手引きには、集団保育において留意すべき事項、プールや浴槽内の水を介して感染はしないが、ビート板や浮き輪、タオルなどの共用は避ける
プールの後はシャワーでよく流す
と記載されています。ここでもプール参加の禁止とは書いてはありません。
「学校、幼稚園、保育所における予防すべき感染症の解説」日本小児科学会 予防接種・感染対策委員会では、多数の発疹のある者については、プールでタオルなどを共用しないよう指導する。学校などへの出席を止める必要はないが、浸出液がでている場合は被覆する。
と記載されています。ここでもプール参加の禁止とは書いてはありません。

水いぼは正式には伝染性軟属腫と言いますが、ウイルスによる良性のイボです。 個々の皮疹は真ん中が少し窪んだ数ミリ程度の皮膚の盛り上がりからなり、当初は少しずつ増えてきます。 かゆくなることは時々ありますが、ひどく痛くなるようなことはなく、全身に与える影響もありません。
水いぼは主に肌と肌の接触によりうつりますが、その他タオルなどの物を介して感染するとされます。 その伝染力は強くはありません。 園児同士が裸でじゃれあったり、ウイルスの付着しているタオルなどを共用しなければ感染は防げます。
ここからが重要で、水いぼがあっても本人には特別支障はありませんし、放っておいても6~24ヶ月ぐらいで自然に治ることがほとんどです。 したがって、本人の利益になることを優先しつつ、保護者とよく相談しながら治療方法を選択することとなります。 無治療(経過観察のみ)、ピンセットでつまむ(確実だけど痛い)、硝酸銀で焼く(痛みはないが、じっとしていないと出来ない)、漢方治療(ヨクイニン、即効性はないが飲みやすい薬)などになります。
水中で感染するわけではないのに、なぜ水いぼの伝染性が強調されるのか?
プールでうつるという言葉の意味に、保育園・幼稚園などの関係者の中で多少誤解があるためです。 ご存じのように一般のプールの水は塩素消毒されています。 プールの水の中では皮膚の表面を常に塩素殺菌をしているようなものですし、通常の塩素濃度でウイルスはすぐに死んでしまいます。 保育園などのプールの水で感染はしません☆
プールでうつされたと言われたくないためか、民間の幼稚園などで水いぼの子どもさんがプールに入れてもらえないという話を耳にします。 でも、ちょっと想像してみて下さい! さっきまでみんなと一緒に園庭で手をつないで遊んでいたのに、プールの時間だけ独り見学に回されたとしたら、その理由を理解できない子どもにとっては、大変辛いものがあると思います(*_*)

なので、医学的に根拠のないプール禁止は無意味なんじゃないかな~と、僕は思います^^;
と、大きく書きましたが、やはり、夏はけっこうすぐに終わってしまいます!
その夏を楽しむ1つにプール遊びがあると思います子どもたちには楽しく過ごしてほしいものです(*^_^*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です