保育所看護師とは? その2

スポンサードリンク

みなさんこんにちは◇ほぼ保育士です♪
いやいや~、花粉の激しい時期になってきましたね~^^;
とりあえず今日今年はじめて花粉症の薬を飲んだのですが、珍しく電車1駅目で座れてラッキー♪とか思ってて、2駅目で意識を失い、次に気づいたときには自分の降りる駅でした★
もう少しで寝過ごすとこでしたorz…
いや、普段は電車で寝ることなんてないんですが、花粉症の薬がきつくて、つい、寝ちゃいました♪
お陰で仕事はかどるはかどる♪
と、言いながら本題に入りたいと思います♪
テーマは前回に引き続き『保育所看護師とは?』です。
とにかく、保育所看護師って言うのは前回も書いたように、言わば『一人職場』なんですね。
だから、保育士と同様に働きつつも、熱とか病気した子どもの看病をしたり、保護者に連絡したり、保健のデータを作成したり、色んな仕事があります。
でも、保育所看護師は基本、保育所に一人しかいないので、誰かに看護の仕事を聞くこともできないし、とりあえず、何をしたら良いのか?聞いたら良いのかわからない状態が続くんですね。
で、何となく保育士と同様の仕事をこなして、しばらくして保育の仕事がわかりだして保育のことを保育士に意見したら、保育士でもないくせに偉そうに!みたいな言われ方をしたり、いや、言われなくても保育士でもないくせにとは少なからず思われていると思います。
僕の場合は、それが悔しくて、小さい男のプライドをかけて、保育士試験を受けて、保育士免許も取得したんですが、それはあくまでも『自己満足』です。
本当に大切なことは、免許を取ることも大事ですが(保育所看護師がですよ。保育士になりたい方は、もう絶対に看護師免許を取った方がいいですね♪とりあえず保育士免許を取ることが、保育所で仕事をする上でのスタートラインだと思います^_^)いかに、保育所で働いていくかです。
僕の場合は保育士免許を取りましたが、別に取っても取らなくても、看護師免許があれば、保育所で十二分に仕事をすることができます。ただ、やっぱり相談する相手が欲しかったりします。僕は男なので、多少女性の職場で外れたことをしても、あまり何も思われませんが、女性同士だと、やっぱり外れたことをすると目立ってしまいます。
だけど、せっかく保育所に勤めたのだから、保育士として(免許があろうがなかろうが)看護師として、保育所で自分のやり方で立ち回っていけばいいと思います。
僕の場合は赤ちゃんクラスの担任だったので、4月当初、泣き叫ぶ赤ちゃんをいかにして泣き止ませるか、とか、いかにご飯を食べてもらうか、とか考えながら仕事をしていましたが、やはり勤めた当初は赤ちゃんの泣き声が耳から離れませんでした。
でも、何か自分にできることはないかな?とか考えているうちに、例えば、この子は抱っこしながらなら寝てくれるんや!とか、この子はトントンを割と強めでいくと寝てくれるんや!とか、その子の特色が見えてきます。いや、きました!
そこからは、とりあえず子どもを寝かせる技術?を磨き、その時はクラス担任が僕を含め3人、子どもが9人だったのですが、他の先生が、例えば休憩に行ってるときでも、9人同時に寝かせる技術なんかがついていきました♪(寝かせの技術はまた後日書きます♪)
そのうち、『○○君はマジシャンみたいやな~!』と言われるようになりました♪ある先生は『睡眠のプロ』とか、『眠りの○○』みたいな、名探偵コナンの探偵さんみたいな愛称で呼ばれるようになり、嬉しいやら悲しいやら何とやら^^;
で、さすがに10年以上勤めた今では、後輩に指導したり、保育のことに口を出そうが、看護師としてとか、保育士としてではなく、一人の人間として見てくれてる印象があります♪
なので、僕が思うのは、とりあえず保育所に行くこと、で、働いてみて、自分なりに何ができるか考えてみる、または、考える前にやってみる、それから、怒られても、とりあえず笑っとく☆あと、怒られるにしても、その人の意見があるので、もし、いい意見なら取り入れる、役に立たないものは捨ててしまう、忘れてしまうのがいいですね(つД`)ノ
どちらにしても、『なるようになる!』です♪
答えにはなってないかも知れないですが、これが僕なりの今思ってることです☆
なので、迷って、悩んで、苦しんで、何か見えてくればいいと思います♪
なので、今迷ってたり、悩んでたり、苦しんでいてもきっと『なるようになる』です♪( T_T)\(^-^ )
 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です