「保健室の先生」男性じわり増加♪

どうも、ピン今川(@PImagawa)です。

先週の日曜日に保育士実技試験を受験された皆様、お疲れ様でした!結果が出るまでドキドキですけど(経験あります^^;)
さて、今日は、昨日ニュースで見たこんな記事から♪
「保健室の先生」男性じわり増加 女性教諭と役割分担
学校の「保健室の先生」は女の先生ばかり? いえいえ、最近は少しずつですが、男性も増えています。文部科学省によると、昨年度は全国の学校や幼稚園で46人が働いています。
「先生、ばんそうこうをください」。11月中旬、岐阜県各務原(かかみがはら)市立蘇原(そはら)第一小学校(小林宏行校長)。休み時間、子どもたちが次々と保健室に顔を出す。おでこをぶつけたという女子に先生は、「少し冷やそうか」と氷を詰めたポリ袋を渡した。
先生はこの学校の勤務が4年目の津馬史壮(つまふみあき)さん(27)。元々子どもに関わる仕事がしたくて、カウンセリングにも興味があった。「保健室の先生なら両方を満たせる」と志した。
保健室の先生は、正式には「養護教諭」と呼ぶ。国立大の教育学部を卒業して、2011年度に岐阜県教委に採用され、県内でただ1人の男性養護教諭になった。県教委の担当者は「優秀な人を採用しただけで、性別は関係ない」と説明する。
法律では、児童が851人以上の小学校には養護教諭を複数配置するとされている。児童数983人の同校も、津馬さんとベテランの女性(47)の2人がいる。
健康診断時など、女子が服を脱がなければならないような場合や、女子の手足以外のけがは主に女性教諭がみる。この女性教諭は「デリケートなことに配慮すれば、男性の養護教諭に特に問題を感じることはない」。男性教諭の存在は、児童が異性との接し方を学ぶきっかけにもなり、津馬さんは「性を尊重する気持ちを育むことができれば」と考えている。
”朝日新聞デジタル 12月11日(木)より引用”
このような記事です♪
僕は保育所の保健室の先生ですが、やはり、小学校にもいたんですね~♪しかも46人も!!
僕は、免許としては、看護師と保健師と保育士を持っていますが、その他に、記事にある養護教諭免許と、あと衛生管理者って免許を持ってます♪免許ばっかりあっても、実際仕事で役に立つかどうかはわかりませんが、とりあえず、「保持」してます♪
で、養護教諭になる方法ですが、僕のように保健師プラスで養護教諭を取得する方法と、教育学部等で、養護教諭養成課程を卒業する方法と、大きく2つあります。
記事に書かれている先生は、教育学部を卒業されて、養護教諭になられているようですが、看護学部もそうですが、男性が少ない!って、今は僕が免許を取った時代よりは多いのですが^^;
でも、保育所と小学校、働く場所は違えど、同じ子どもの保健に携わる男性職員がいることをうれしく思います♪

記事の先生は小学校なので、保育所より、女子と接するのがデリケートになってくると思います。実際、記事にも「健康診断時など、女子が服を脱がなければならないような場合や、女子の手足以外のけがは主に女性教諭がみる。」とあり、男性が働くには若干神経を使う部分が多々あると思います。
僕が小学校の保健の実習に行った時も、1日中何もせず、ただ保健室の前で立たされていたのを思い出します(T_T)
悪いことしたわけじゃないですよ。女子児童がいるから保健室に入らないで!って50代の保健室の先生に言われて、1週間の実習、毎日、保健室の前で立たされ、他の実習メンバーは、保健室内で実習してました。苦い思い出です(T_T)
あ、何が言いたいかというと、今の時代は難しいことも多いですが、僕の時代と違い(何もせず立たされることはなく)理解をしてもらえることも多く、こうして、ベテランの先生とペアを組んで実際に働いている男性養護教諭(保健室の先生)がいること自体が、非常に嬉しいことであると思います♪
まとまりのない文章ですが、同じ女性職場の男性職員同士頑張りましょう(^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です