平成27年度 保育士試験 オススメの本♪

スポンサードリンク

どうも、ピン今川です。

4月も半ばですね~♪保育所の仕事、というか、子どもたちもずいぶんと落ち着いてきた今日この頃です♪

さて、今日のテーマは、前回お知らせした、保育士試験のオススメの勉強本をお伝えしようと思いますこのブログの本題でもある、『保育士試験』に久しぶりに触れます☆

で、本来、試験が終了した10月から勉強し始めればいいじゃない?本を紹介してくれればいいじゃない?とか思ったりする方も多いと思うんですが、どうも、あと何ヶ月もある、とか思って、勉強に身が入らない方も多いかと存じます☆

もちろん、僕もその一人です^^;

なので、ちょうど4月、この時期から始めても間に合う勉強法ってのをオススメの本と合わせて書いていきたいと思います♪

ほんとに大丈夫?と思う方もいらっしゃるかと思うのですが、大丈夫です♪

今からでも全然遅くはありません(^^)むしろ、今ぐらいの時期から始めたほうが、勉強に身が入っていいんじゃないかと、僕は思ったりします♪

さて、では本題♪

過去にも勉強法を書かせていただいたんですが、基本的な考え方というのは同じです♪

まず、僕の勉強法ですが、通信教育は全く使いません!とか言って紹介はしますけど^^;
なぜかと言うと、通信教育をするお金がないからです(T_T)

確かに、保育所に入って、2年目ぐらいの時に、『僕も保育士免許取るか~!』と思って、通信教育の総本山、ユーキャンを頼みましたが、頼んだけど、ほとんど読むことなく、保育士免許を取るテンションも下がった経験があります★ ← いや、こんな方、僕以外でもいらっしゃると思います^^;

さて、仕事しながらとか、主婦しながらとか、学生さんしながらとか、通信教育を使わないで効率よく合格する方法。

それは…。

参考書を熟読しないことです☆

で、どういうことかと言いますと、
まぁ、何年も、繰り返ししている話なんですが、勉強には「インプット」と「アウトプット」というものがあり、インプットは、例えば、参考書でひたすら知識を詰め込んでいくことで、アウトプットは、その詰め込んだ知識で問題集なんかを解くってやり方です♪

が、この方式で勉強してると、確かに知識は付きます。そして、勉強が好きな方とか、脳の容量が半端なく多い人なんかにはオススメの勉強法、まぁ、いわゆる『王道』ですね☆

しかし、僕のように脳の容量が少ない人間や、仕事が忙しくて勉強する時間の無い方には、このがっつり覚える勉強法が、けっこうしんどいんですよね~(*_*)
010.jpg
本が分厚いと挫折しそうになります(T_T)
しかも、大学入試とかと違って、保育士試験は、割と素直な問題が、5択で出ます☆

この『素直』ってのがポイントで、素直じゃない大学の入試問題(センター試験除く)に比べると、そのままって問題が結構出るんですね♪

なので、僕の勉強法は(保育士試験のね♪)とりあえず、インプットよりも先にアウトプットから始める、つまり、問題集を解くことから始めます☆

そして、その問題集は、保育士試験の出題に似たものや、穴埋めの問題集、一問一答式なんかを使います♪

中でも僕が使ったのは、高橋書店の一問一答!保育士試験 頻出問題1500ってやつだったんですが、新試験に対応していないのと、あと、時代が進んで、もっとわかりやすく書かれた本ができているんですね~♪で、今年も実際に本屋さんで吟味してきました♪
001.jpg
で、今年もたくさんの一問一答式が出ていたんですが、僕の見た感じ良かったのが、
こんなの ↓

保育士一問一答問題集(’15年版) [ コンデックス情報研究所 ]

基本的に、去年紹介したユーキャンもよかったんですが、本の質感(触り心地)とか、中身の色使いとか、中身の見やすさは、こちらのほうが断然上でした♪
本当に、高い通信教育代払わなくても、実質この1冊(でも、一問一答式なら、ご自分の気に入られたもので大丈夫です☆)が勉強の核になります(^o^) ← ユーキャンの通信教育あんなに押してたのに~(^^;)
で、ただ単に解いていっては、ただ参考書読むだけと、何ら変わりありません(^^;)
ここでポイントとなるのが、『解答・解説』です♪
問題を解く→間違える→解答・解説を読む(ここ重要)を繰り返します☆
解答・解説には、短い文章の中に、重要なことが書いて(収めるスペースがないので、本当に重要なことしか書いてない)あります☆これを、間違えたら必死で読んで覚えます☆これが、『インプット』の作業になります♪もう一度言います☆
問題を解く→間違える→解答・解説を読む(ここ重要)を繰り返します☆
で、例えば、僕がやったのは、小児栄養なら小児栄養、保育原理なら保育原理、みたいに、その日解く範囲を決めて、間違えたらまたもう1周、間違えたらまたもう1周ってのを繰り返します☆
参考書を読むのと違うところは、問題を解いているから楽しいこと(クイズみたいな感じですね♪)、あと、単調に覚える作業をしなくていいことですね♪
これを、各教科、徐々に、無理の無い程度に、毎日繰り返すのがポイントです♪これなら、時間があいたときに、パッと開いて解くみたいな勉強ができます♪
くれぐれも、解きっぱなしにならないよう、覚えるまで解答・解説を読んでくださいね♪
で、その勉強法を踏まえて、役に立つのが、

保育士試験科目別問題集(’15年版 上巻) [ コンデックス情報研究所 ]

保育士試験科目別問題集(’15年版 下巻) [ コンデックス情報研究所 ]

科目別問題集上・下巻です♪
やはり、問題の質や量がちょうどいい感じで、解説も詳しい感じで載っていました♪
一問一答式の問題集をベースに、解答・解説を大事に勉強していくのが、この勉強法の基本なのですが、ここで、知識に「肉付け」をしていくのが、問題集の役割です♪
とにかく、問題を解いて解説を読む!で、間違えたら繰り返す!を基本に勉強するのがてっとり早いです♪
で、参考書もあくまでも「参考程度」にあってもいいんですけど、基本的な勉強は、一問一答と問題集で大丈夫だと思います☆
あと、去年も書いたんですが、参考書を熟読するぐらいなら、

2015年版U-CANの保育士 まとめてすっきり!よくでるテーマ88 [ ユーキャン保育士試験研究会 ]

この本がオススメですね~♪
なぜ、僕が試験受けた時代にこんなステキな本がなかったのでしょうか!?
何がステキかというと、試験でよく問われる重要項目を88のテーマを厳選してまとめてあるんです~♪平成25年からの新試験や法改正事項ももちろん反映されています♪ほんとに、パッと見てわかりやすい本です♪あと、持ち運びに便利なサイズ&赤シートつきで、スキマ時間の効率学習にピッタリ!なんですね~(*^^)v
ほんとに、独学で時間がないと、やっぱりこういう『一撃必殺』系の本を活用したくなります♪
あと、ここまで行くと、自分の実力を試してみたくなりますよね~?

保育士試験完全予想模試〈’15年版〉

予想問題を解きましょう♪もちろん、各社出ていますので、予想問題だけは、各社やってもいいかも知れませんね~☆自分の実力がわかる、試験の勘が得られるなど、メリットいっぱいです♪
もちろん、

U-CANの保育士 総仕上げ予想問題集(2015年版) [ ユーキャン保育士試験研究会 ]

過去問は、どこの会社のものでもいいので、3年ないし5年分は確実にこなしておくのが必須です☆
と、まぁ、こんな感じで、本を紹介してきましたが、僕の勉強の基本スタイルは変わらないので、ひょっとすると、ご紹介した本がみなさんの勉強スタイルと合わないかも知れません。そんな場合は、ご自分の気に入ったもので勉強されるのが、一番いいと思います。ただ、参考書を最初のページからがっつり読んでいく等の勉強をされている方は、ぜひ、問題を解いて覚えていうスタイルがいいと思いますきっと、問題を解くのが、ゲームみたいで楽しくなりますよ(^^)v

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 初めてブログ読ませて頂きました 。
    保育士試験初挑戦で今までしてきた事が
    役に立つのか…とちょっと不安でしたが
    保育士さんのブログで勇気が
    湧いてきました!!!
    ありがとうございます!!!

  • コメントありがとうございます♪
    コメントもらうの久しぶりでうれしいです♪
    保育士試験に挑戦されるんですね!しかも、こんなしがないブログを読んでくださってありがとうございますm(__)m
    4月末に試験と思いますが、今までやってきたことを信じて臨めば、おのずと結果はついてくると思います!!
    僕は一度落ちた身なので、安易に大丈夫!受かるよ!という言葉は言えませんが、きっと、受験することで、何か新しい世界が見えてくると思いますよ♪
    僕、応援してます(^^)/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です