子育て・保育園看護師・保育士試験のお悩みを専門知識と経験で解決します!【ここをクリック】

保育園看護師が書く保育園の保健だより 令和3年3月号

hoken0303
こんにちは!今川先生(@hobohoikushi)です。



みなさんお元気ですか?
だんだんと保育園・こども園の大晦日、3月31日が迫ってきましたね~!

担任決めとか、卒園式のこととか、新年度準備のこととか、考えただけで吐きそうになるのは僕だけでしょうか?

さて、令和3年3月のほけんだよりが完成しました~。

令和3年3月 保健だより

クリックすると大きくなります

時候のあいさつ

少しずつ暖かくなり始め、柔らかな春の日差しが感じられるようになりました。

4月からの進級・進学に向け、子どもたちのワクワクしている様子が見られます。あっという間に1年も終わりに近づいています。病気やケガに気を付け残りの日々も楽しく過ごしましょう。

ここでのポイント

ほけんだよりって、当たり前なんですが前の月に次の月の分を書きますよね?

なのでこのほけんだよりも2月に3月の分を書いているんですが、言うてまだ暖かくありません。

むしろ寒いです。

でも、3月1日はきっと暖かいだろうと思い、春の日差しというワードが登場します。

3月3日は耳の日です

「3」は耳の形に似ていることなどから3月3日は耳の日と言われています。

子どもは耳の病気にかかりやすいので、日頃からお子さんの様子をよく観察しましょう。

大切な耳を守るために気を付けたいこと

・鼻をすすらず、かむ習慣をつける

・鼻水は、ゆっくりと片方ずつかむ

・耳の近くで大きな声や音を出さない

・耳をたたかない

耳・鼻・のどは、耳管という管でつながっています。子どもの耳管は太くて短く、鼻やのどの細菌やウィルスが、耳管を通って耳の中に入りやすく、中耳炎の原因にもなります。

気をつけたい症状

・聞き間違えが多い          

・活気がなくなる  

・テレビに近づいて見る        

・返事をしない

・耳によく手を持っていく         

・よく聞き返す

上記のような症状が見られるときは耳鼻科医に相談してみましょう。

ここでのポイント

「3」が耳の形に似ているから耳の日なんて、日本人らしい発想ですね!

ま、ポッキーの日も11月11日ですし、形から入るのが正しい姿かも知れません。

それで耳の日のことを書いているんですが、耳を守るために鼻のかみ方とか、耳の近くで大声出さないとかごく当たり前のことを書いています。

よく大人が気づかないうちに中耳炎になっていることもありますので、少し様子がおかしいなと感じたら耳鼻科で相談するよう保護者に促してみましょう。

生活リズムを整える

風邪をひきにくい健康な身体を作るには、毎日の生活リズムを整えることが大切です。寝起きや就寝、食事の時間を決め、それを習慣付けるために家族揃って続けていきましょう。

お子さんと一緒に健康的な生活を目指しましょう。

ここでのポイント

3月号なので、1年間のまとめ的な文章としてこれを載せています。

親の生活態度が悪ければ子どもも生活態度が悪くなります。

昔の人は「親の背を見て子は育つ」とよく言ったものです。

1年間、健康に過ごせましたか?

お子さんと一緒に1年間を振り返ってチェックしてみてください。チェックのできなかった項を4月からの目標にしてみましょう。

□早寝早起きができた

□朝ご飯は毎日食べた

□好き嫌いをせず何でも食べた

□食後は歯磨きをした

□毎朝、うんちをした

□外でたくさん遊んだ

□外から帰ったら手洗い・うがいをした

□友達と仲良く遊ぶことができた

ここでのポイント

3月号恒例、「1年間これできましたか?」チェックです。

基本、上の生活リズムを整えるの部分に似ているのですが、やはり、ここに書いてある項目すべてはできないにしても、できることをすこしずつ増やすことができれば、より健康に過ごすことができます。

やっぱり健康が一番ですからね~。

ほけんだより令和3年3月号のまとめ

保育園の3月31日は大晦日みたいなものです。

なので、4月1日は元日ですね。

その保育園の元日にむけて、我々保育園職員は準備するのです。

おそらく1年で一番忙しいこの時期。

新型のアレにも負けず、いろんな圧力にも負けずがんばっていきましょう!

僕がほけんだよりを書くときに参考にしている本

なお、僕がほけんだよりを書くときに参考にしている本があります。

【ネタ切れ】保育園のほけんだよりを書くときに役に立つ本

ほけんだよりの書き方に迷ったときにはとても頼りになる本ですので、ぜひご自宅に1冊♪

シェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

今川先生
今川先生と申します。
仕事は保育園の保健室で看護師・保健師をしています。
保健師として、色々なところで講演活動をしておりますが、あくまでも仕事としての受け答えとなり、もっと、気楽に子育て中のママさん、パパさんのお悩みにお答えできればと思っております。